S.Aさん 

公立中高一貫校受検対策

共学校

埼玉

[2021年度合格] 自分に自信をもって、第一志望校合格へ

S.Aさん  東川口校 公立中高一貫校受検コース/川口市立高附属中合格

川口市立高附属中の受検を決めたきっかけは何でしたか?

ダンスを習っているので、ダンス部が有名な川口市立高の文化祭へステージを見学に行ったことがきっかけです。ステージに感動して、私もここでダンスがしたいと思いました。そんなとき、新しく附属中学校ができると知って受検することに決めました。
そのあと、公立中高一貫校受検のためのコースがある塾を探して、栄光の授業を体験した時、授業がとても面白かったので入塾を決めました。

栄光の授業やアドバイスで印象的だったことを教えてください。

算数の立体が苦手だったのですが、先生に「掘り返していくといくらでも疑問は出てくるので、まずは自分の持っている疑問を1つずつクリアにしていくことが大事」とアドバイスをもらい、その解決方法やおすすめの問題を教えてもらったことが印象に残っています。
国語はもともと得意でしたが、栄光に入る前に比べて読解力が身についたと思います。指示語に印をつけて、文の構造を理解する方法を教えてもらいました。

受検に関する事や志望校の選び方で工夫したことはありますか?

今年から募集が始まった学校なので過去問がなかったのですが、市立浦和中の過去問の傾向が近いということで、その問題を使って過去問の対策を行いました。また、「川口市立高附属中と似た問題が出るから」と先生に勧められて、浦和実業も併願で受験することにしました。

夏の集中学習「栄光の森」について教えてください。

一番印象に残っているのは朝テストで総合2位をとれたこと。「私もできるんだ」と自信を持てるようになりました。それから受検勉強のモチベーションが上がって、受検生だという意識を持って授業を受けられるようになったと思います。家でも「勉強しよう!」と思うことが多くなって、勉強するためのエンジンがかかるようになりました。

入試当日は、どんな気持ちでしたか?

第一志望校受検の日は、本当に緊張しました。でも、試験の直前まで栄光の応援ブック(寄せ書き)を読んで、友だちからのメッセージに勇気をもらって頑張ることができました。
一次に通った時は、泣きながら教室へ電話してしまったけど、先生から「次があるから、冷静に落ち着いて」と言われ、そこから気持ちを落ち着けて二次に向けて準備することができたと思います。

志望校に合格したときは、どんな気持ちでしたか?

合格発表の前日まで自信があったのに、当日になってみたら「もうだめ、受からない」という気持ちになってしまいました。母が先に「番号がない!」というので焦って確認したら、本当は合格していて抱き合って喜びました。
将来は世界で活躍するダンサーになりたいので、中学校では英語を頑張りたいです。

一覧へ戻る

関連情報

小学部グループ指導

公立中高一貫校受検は、複数教科の知識を横断的に活用する力が求められる特殊なもの。それゆえに、基礎... 続きを読む

小学部グループ指導

小5・小6は多くのお子さまにとって、志望校を決め、明確な目標を持って学習を進める段階です。栄光ゼミ... 続きを読む

小学部グループ指導

小3から小4は、中学受験戦略のカギとなるとても重要な学年です。中学入試準備コースでは、周囲に差をつ... 続きを読む

ジュニア

小学校の低学年では、まず「わかる」楽しさを体験することが重要です。ジュニアコースでは、低学年指導... 続きを読む

中学受験における親の役割とは?母親・父親がお子さまにできること

中学受験における親の役割とは?母親・父親がお子さまにできること 「中学受験は親の受験」といわれるほ... 続きを読む

中学受験のための塾はいつから?小4という岐路

中学受験のための塾はいつから?小4という岐路 栄光ゼミナールにも、中学受験を考えている保護者の方か... 続きを読む

敵か味方か習い事~中学受験との両立は可能?親が考えるべき選択とは~

敵か味方か習い事~中学受験との両立は可能?親が考えるべき選択とは~ 「中学受験を考えると、塾に集中... 続きを読む