公立中高一貫校受検対策

共学校

東京

[2021年度合格] 都立桜修館中

M.H さん 笹塚校

受験合格までの道のり

ぼくは、小四から栄光に入りました。初めて受けたテストの偏差値は、国語が四十五で、算数が五十で当時六十五と言われていた桜修館には受かるはずもありませんでした。小五のときは、『栄光の森』を受けず教室でひたすら勉強していました。小六の夏からは、理系の授業だけはグループで受けることにし、栄光の森にも参加しました。そのときは、偏差値が六十二まであがっていたので自信があったのですが、会場の皆の気合から少しあせり「井の中の蛙」だと気付き始めたのです。小六の冬の外部模試での合格可能性七十パーセントを自信に、二月三日をむかえました。テストは、簡単に感じました。九日までは、落ちる未来しか見えなかったけれど、無事合格できました。

ご家庭より

2つのサッカーチームに所属し、サッカー三昧の息子が大好きな先生と出会い、楽しそうに塾に通っていました。合格まで導いてくださり感謝いたします。

合格校

都立桜修館中

一覧へ戻る

関連情報

小学部グループ指導

小5・小6は多くのお子さまにとって、志望校を決め、明確な目標を持って学習を進める段階です。栄光ゼミ... 続きを読む

公立中高一貫校受検は、複数教科の知識を横断的に活用する力が求められる特殊なもの。それゆえに、基礎... 続きを読む

小学部グループ指導

小3から小4は、中学受験戦略のカギとなるとても重要な学年です。中学入試準備コースでは、周囲に差をつ... 続きを読む

中学受験のための塾はいつから?小4という岐路

中学受験のための塾はいつから?小4という岐路 栄光ゼミナールにも、中学受験を考えている保護者の方か... 続きを読む

中学受験における親の役割とは?母親・父親がお子さまにできること

中学受験における親の役割とは?母親・父親がお子さまにできること 「中学受験は親の受験」といわれるほ... 続きを読む

敵か味方か習い事~中学受験との両立は可能?親が考えるべき選択とは~

敵か味方か習い事~中学受験との両立は可能?親が考えるべき選択とは~ 「中学受験を考えると、塾に集中... 続きを読む