共学校

東京

私国立中学受験対策

[2021年度合格] 東京学芸大学附属竹早中

S.K さん 和光校

あきらめない気持ち

私は、自ら受験をしたいと思い、親にお願いして五年生の夏から塾に通い始めました。受験勉強を始めるのが遅かったので、勉強の仕方を工夫して苦手科目を中心に勉強していました。しかし突然成績がグンと上がることはなく、自信をなくして受験をあきらめようと思ったこともありました。けれど六年生の秋頃から少しずつ成績があがってきて嬉しくなり、最後までやりとげようと思いました。その後は過去問をたくさん解いて自信をつけたり、正月特訓で苦手科目を集中的に勉強したりしてモチベーションを上げました。こうして第一志望に合格できたのは、すぐに結果がでなくてもあきらめずに、最後まで受験勉強をやりとげられたからだと思います。

ご家庭より

本人の希望で始めた受験で勉強は大変でした。でも一度もやめたいと言わない意志の強さは立派でした。先生には直前まで自己PRや心構えもご指導いただき感謝しています。

合格校

東京学芸大学附属竹早中・星野学園中

一覧へ戻る

関連情報

公立中高一貫校受検は、複数教科の知識を横断的に活用する力が求められる特殊なもの。それゆえに、基礎... 続きを読む

小3から小4は、中学受験戦略のカギとなるとても重要な学年です。中学入試準備コースでは、周囲に差をつ... 続きを読む

小5・小6は多くのお子さまにとって、志望校を決め、明確な目標を持って学習を進める段階です。栄光ゼミ... 続きを読む

中学受験における親の役割とは?母親・父親がお子さまにできること

中学受験における親の役割とは?母親・父親がお子さまにできること 「中学受験は親の受験」といわれるほ... 続きを読む

敵か味方か習い事~中学受験との両立は可能?親が考えるべき選択とは~

敵か味方か習い事~中学受験との両立は可能?親が考えるべき選択とは~ 「中学受験を考えると、塾に集中... 続きを読む

中学受験のための塾はいつから?小4という岐路

中学受験のための塾はいつから?小4という岐路 栄光ゼミナールにも、中学受験を考えている保護者の方か... 続きを読む