女子校

東京

私国立中学受験対策

[2021年度合格] 頌栄女子学院中

K.R さん 勝どき校

自信をもって

私は小5のはじめという少し遅い時期から塾に通い始めたので、特に算数が分からないことが多く、授業前に先生に教えていただきました。小6になって教室が変わり、優秀な仲間たちと一緒に勉強して、とても刺激になりました。過去問演習が始まってからは、苦手分野を見つけ、つぶしていきました。一回過去問を休んで、集中して算数の問題演習をやった時期もありました。入試当日は、とても緊張しましたが、周りの人より自分は勉強してきたので大丈夫と思い、自信をもって試験に臨みました。ここまで色々ありましたが、合格することができてとてもうれしかったです。自分を導いてくださった先生方、本当にありがとうございました。

ご家庭より

コツコツ地道によくがんばったと思います。先生方には過去問の添削や、相談などとても親身になっていただき、大変お世話になりました。本当にありがとうございました。

合格校

頌栄女子学院中・富士見中・国府台女子学院中・大宮開成中

一覧へ戻る

関連情報

公立中高一貫校受検は、複数教科の知識を横断的に活用する力が求められる特殊なもの。それゆえに、基礎... 続きを読む

小3から小4は、中学受験戦略のカギとなるとても重要な学年です。中学入試準備コースでは、周囲に差をつ... 続きを読む

小5・小6は多くのお子さまにとって、志望校を決め、明確な目標を持って学習を進める段階です。栄光ゼミ... 続きを読む

中学受験における親の役割とは?母親・父親がお子さまにできること

中学受験における親の役割とは?母親・父親がお子さまにできること 「中学受験は親の受験」といわれるほ... 続きを読む

中学受験のための塾はいつから?小4という岐路

中学受験のための塾はいつから?小4という岐路 栄光ゼミナールにも、中学受験を考えている保護者の方か... 続きを読む

敵か味方か習い事~中学受験との両立は可能?親が考えるべき選択とは~

敵か味方か習い事~中学受験との両立は可能?親が考えるべき選択とは~ 「中学受験を考えると、塾に集中... 続きを読む