共学校

神奈川

私国立中学受験対策

[2021年度合格] 法政大学第二中

K.T さん 日吉校

サッカーとの両立

僕はサッカーと両立しながら受験をしました。週4回のサッカーがある中で1分、1秒の時間を無駄にしないでいつも勉強していました。たとえば算数は遠征に行くときも問題集を持っていき、あいだの時間にといていました。また、先生に指示された問題は必ず解いていました。理科、社会は、電車やバスの移動中に単語帳を作って覚えていきました。僕はサッカーで大きな試合をいくつかやってきていたため、入試本番の会場ではあまり緊張はしなかったので自分の実力を全部発揮できました。合格したときは、サッカーの試合とは違ううれしさがありました。中学に進学してもサッカーと勉強を両立させて頑張りたいです。

ご家庭より

サッカーの練習後、疲れていても努力し続けたことは立派でした。先生方には、本人の状況に応じて対応していただき、前向きな言葉で支えてもらい感謝しています。

合格校

法政大学第二中・日本大学中・佐久長聖中

一覧へ戻る

関連情報

公立中高一貫校受検は、複数教科の知識を横断的に活用する力が求められる特殊なもの。それゆえに、基礎... 続きを読む

小3から小4は、中学受験戦略のカギとなるとても重要な学年です。中学入試準備コースでは、周囲に差をつ... 続きを読む

小5・小6は多くのお子さまにとって、志望校を決め、明確な目標を持って学習を進める段階です。栄光ゼミ... 続きを読む

敵か味方か習い事~中学受験との両立は可能?親が考えるべき選択とは~

敵か味方か習い事~中学受験との両立は可能?親が考えるべき選択とは~ 「中学受験を考えると、塾に集中... 続きを読む

中学受験のための塾はいつから?小4という岐路

中学受験のための塾はいつから?小4という岐路 栄光ゼミナールにも、中学受験を考えている保護者の方か... 続きを読む

中学受験における親の役割とは?母親・父親がお子さまにできること

中学受験における親の役割とは?母親・父親がお子さまにできること 「中学受験は親の受験」といわれるほ... 続きを読む