中学受験に成功した小学生の勉強時間

学校や習いごとなど忙しい毎日を送っている方も多いかと思いますが、中学受験で志望校に合格するには、どれくらいの勉強時間が必要なのでしょうか。今回は、栄光ゼミナールが実施したアンケート結果をもとに、志望校に合格した小6の勉強時間を紹介します。

目次

中学受験に成功した小学生の勉強時間

中学受験には、学校での勉強のほかに相当量の学習が必要だと言われていますが、合格した小学生は日々どれくらい勉強していたのでしょうか。栄光ゼミナールで学び、志望中学に合格した小6を対象に行ったアンケート調査の結果を紹介します。

平日の平均学習時間は「3~5時間」が多数

(栄光ゼミナール2019年中学入試アンケート調査より)

「小6の夏休み以降の平日の平均学習時間を教えてください」という問いに対し、もっとも多かったのは「3~5時間」でした。合格をつかんだ小学生は塾の授業以外にも、栄光ゼミナールの自習室(i-cot)や自宅で勉強したことがわかりました。

「私国立中」受験生は学習時間が増える傾向

私国立中学校と公立中高一貫校に合格した小6の学習時間を比較すると、私国立中学校合格者のほうが長いことがわかりました。これは、出題範囲が小学校の学習内容に限られている公立中高一貫校の「適性検査」に対し、私国立中学の「学力テスト」では各学校ごとに出題傾向が大きく異なり、特有な内容も含まれるため、その対策に時間かかることが大きな要因です。

勉強時間確保のために睡眠時間を削るのは非効率

上記のアンケートでは、平日の学習時間を「9時間以上」と回答した小学生も2.3%いました。限られた時間のなかで勉強時間を確保しようとすると睡眠時間が短くなりがちですが、それはおすすめできません。個人差はありますが、学習量と学力は必ずしも比例しません。勉強の効果を高めるためには、充分な睡眠が欠かせないのです。

睡眠時間を短くすると、勉強に支障をきたす

睡眠不足は集中力を低下させます。また集中力がなくなると、記憶力も低下してしまい、勉強の効率が悪くなり、中学受験をするお子さまにとってはマイナスにしかなりません。その他にも成長期の発育阻害、代謝の悪化、疲れやすい、免疫力の低下など、お子さまの心身に様々な悪影響を及ぼします。しっかりと睡眠時間を確保し、メリハリをつけた学習を心がけましょう。

限られた時間で効率のよい勉強を

中学受験で志望校に合格するためには、限られた時間のなかで効率よく、質の高い勉強をすることが大切です。勉強の「量」だけでなく「内容」にもこだわり、学習の成果をより高めることができるよう、お子さまをサポートしていきましょう。

時間を意識する習慣をつける

長い時間、やみくもに勉強していても効率的とは言えません。受験勉強では常に時間を意識することが大切です。入試本番でも時間配分は重要なポイントとなりますので、家庭で勉強する時も細かくスケジュールをたて、時間を決めて取り組みましょう。勉強中、目のつくところに時計を置くなどして、日ごろから時間を意識するクセをつけるとよいでしょう。

復習はすぐにやるのが効果的

塾や学校で習ったことを復習するタイミングによって、その効果は大きく変わってきます。人は覚えたことを、1日経っただけで半分以上忘れてしまうと言われています。つまり、塾や学校で習ったこともすぐに復習しないと、翌日には半分以上忘れてしまうのです。効率的にたくさんのことを覚えるためにはすぐに復習する習慣づけが重要です。塾から帰宅した後、時間が遅くなってしまうなら、翌朝早く起きて復習するなど、できるだけ早いタイミングで復習に取り組むのが理想です。

すき間時間を有効活用する

塾の授業が始まる前の小さな時間や、授業終了後お迎えがくるまでの時間など、短いすき間時間を無駄にすることなく有効に活用しましょう。また、リラックスできるお風呂の時間を利用するのもいいでしょう。すき間時間におすすめな学習なのは、まとまった時間を必要としない英単語や歴史の年表など、暗記系の勉強です。「すき間時間を使って一日に単語を○個覚える」など、具体的な目標をたてるのもよいでしょう。日々の小さな積み重ねが大きな成果につながります。

栄光ゼミナールは、効率の良い勉強方法をていねいに指導いたします。

文部科学省が発表した高大接続改革の影響を受け、近年の中学入試では、受験生の思考力や表現力を問われる出題が増えています。こうした能力を習得し中学受験を突破するには、限られた時間の中で受験に必要な教科を効率良く学ぶことがカギとなります。栄光ゼミナールでは、中学受験専用の教材とカリキュラムを用意し、膨大な学習内容をもれなく習得できる体制を整えています。また、入試報告会や保護者面談を通じて、中学受験に関する最新の情報をご提供。保護者の皆さまとお子さまのコンサルタントとして、合格までの道のりをサポートいたします。

学習や受験に関するご相談など、
栄光ゼミナールに気軽にお問合わせください

冬期講習バナー
1年の総復習。栄光の少人数授業を体験しよう!

関連記事

合否を左右する中学受験のスケジュール管理

合否を左右する中学受験のスケジュール管理 小学校高学年になると、学校や塾で出される宿題の量が増えてきます。また… 続きを読む

解く前に知っておきたい!過去問が必要な意味と効果的な演習方法

解く前に知っておきたい!過去問が必要な意味と効果的な演習方法 中学受験の1人あたりの受験(出願)校数は平均4.… 続きを読む

何回受けるべき?模試の受け方と活用法

何回受けるべき?模試の受け方と活用法 模試は受験生にとって成績を客観的に把握できる大切なもの、積極的に活用して… 続きを読む

一覧へ戻る

関連情報

公立中高一貫校受検は、複数教科の知識を横断的に活用する力が求められる特殊なもの。それゆえに、基礎... 続きを読む

小3から小4は、中学受験戦略のカギとなるとても重要な学年です。中学入試準備コースでは、周囲に差をつ... 続きを読む

小5・小6は多くのお子さまにとって、志望校を決め、明確な目標を持って学習を進める段階です。栄光ゼミ... 続きを読む

栄光ゼミナールの中学受験情報カテゴリー