【中学受験】出願の仕方と願書の書き方

目次

願書の入手方法

願書は、学校の窓口での直接購入や郵送で購入することが多いですが、学校説明会などのイベントで無料配布している場合もあります。またインターネット出願の場合は願書が必要無いことも。学校ごとに異なりますので、HPなどで確認をしましょう。
願書は、受験をするための申込書です。申し込みをしなければ入試のスタートに立てませんので、受験校を確定させてから手配をするのではなく、できるだけ早く入手しておくと安心です。
特に併願校は直前の成績などによって、変更が生じる場合があり、受験日が重なる学校でも直前まで迷うことも少なくありません。受験をするか悩んでいる学校の願書は全部入手しておくようにしましょう。
また、複数回入試も併願校の1つとして考えて、他の回次の願書も揃えておきましょう。

出願のスケジュールは様々、ネット出願もうまく利用する

出願までのスケジュールも学校によって様々です。提出の方法も学校によって違い、郵送の場合もあれば学校の窓口に提出、インターネット出願のみなどもあります。受験を考えている学校は、願書の入手方法から出願のスケジュールなどをカレンダーにまとめておくといいでしょう。
近年ではインターネット出願を取り入れている学校も多いので、出願にかかる手間が減りました。インターネット出願もうまく利用し、漏れの無いように準備をしましょう。

願書の書き方

願書の書式も学校によってかなり違いがあります。そのため、今回は願書を書く際のポイントをご紹介します。

内容を考え、下書きをする

願書は学校側にお子さまのこと、ご家庭のことを伝える書類です。志望動機などは十分に検討し記入することが必要です。また、記入欄の大きさ、文字数や文字の大きさ、誤字脱字などを確認するためにも、下書きは必須です。

志望理由の書き方

各学校の教育方針を理解した上で、校風や魅力に思ったところなど具体的に書いていきましょう。「校風を気に入ったため」「本人が気に入ったから」など、漠然とした文章では伝りません。
また、願書は「入学を願い出るための書類」です。入学したいという熱意を表し、なるべく丁寧な「です・ます」調の文章で記入する方がいいでしょう。
栄光ゼミナールでは、定期的に保護者の方と面談を行なっています。お子さまの性格を把握している教師が、お子さまのアピールポイントをとらえた願書の書き方をアドバイスをいたします。

強調したい点があれば備考欄の活用を

欠席が多いことはマイナス点ではありますが、欠席の理由がはっきりしている場合、入学後に元気に登校できるのであれば問題ありません。備考欄を利用して、欠席理由を明記しましょう。
また、入試でボーダーラインに並んだ時は、在校生の兄弟や卒業生の家族の合格を優先するとはっきり述べている学校もあるため、ご家族に卒業生や在校生がいる場合は備考欄に記入すると良いでしょう。入試でボーダーラインに並んだときは卒業生や在校生の家族の合格を優先すると、はっきり述べている学校もあります。

控え用にコピーをとる

願書を書き終えたら、提出前にコピーをとっておきましょう。面接がある学校の場合は、願書を元に質問をされることが多いため、面接対策にも有効です。

内申書(調査書)は早めに小学校に依頼

内申書(調査書)が必要な場合は、小学校の先生に作成を依頼します。中学受験の意思が固まっている場合は、内申書の依頼をする前に受験することを担任の先生に伝えておきましょう。内申書の制作には手間がかかるため、事前に先生にお願いしておくことが大切です。
また、内申書の依頼は全校分まとめてお願いし、受取日を相談しましょう。その際は、出願スケジュールを確認し、十分な時間を取ることが必要です。ばらばらとお願いしたり、後からもう一校などと追加することは先生に大変なご迷惑をおかけすることになりますので、早め早めの行動を心がけましょう。

願書の写真の撮り方について

願書及び受験票に添付する写真は、サイズやスピード写真の可・不可、白黒・カラーなど学校によって異なります。サイズ変更やインターネット出願にも対応できるようにデータ納品もしてもらえる写真屋さんで撮ると手間がかかりません。撮影時の服装や髪型に悩まれている場合は、受験当日を想定した格好をするとよいでしょう。さっぱりとして清潔感のある雰囲気を心がけてください。
また、写真屋さんは年があけると混雑し始めます。12月中旬までに撮影しておくと良いでしょう。

各学校のスケジュールを把握し、早め早めの行動を!

年末年始は併願校の確定、入試対策の追い込みなど忙しくなります。しかし、出願に失敗は許されません。栄光ゼミナールではご家庭と密に連絡を取り、出願書類やスケジュールなどをアドバイスいたします。また、併願校選びや受験日程の調整などもお任せください。
中学入試でお困りごとがあれば、どんなことでも栄光ゼミナールにご相談ください。志望校合格に向けて生徒とご家庭のコンサルタントとして豊富な受験情報や、多くの先輩たちの実績や実例を踏まえて、つねに最適なアドバイスをさせていただきます。

学習や受験に関するご相談など、
栄光ゼミナールに気軽にお問合わせください

初めての方は、ご希望コースの全ての教科を受講料無料で体験できます。

関連記事

中学受験は併願校が鍵!併願校の決め方と受験日程の組み方のポイント

中学受験は併願校が鍵!併願校の決め方と受験日程の組み方のポイント 目次 親にとって悩ましい併願校の決め方。 W… 続きを読む

【中学受験】入試本番当日に必要な持ち物

【中学受験】入試本番当日に必要な持ち物 長い時間をかけて中学受験対策をしてきた実力を入試当日に出し切れるよう、… 続きを読む

入試当日に気を付けること

中学入試当日に気を付けること 中学入試本番で焦らないように、当日に気をつけたいことはたくさんあります。答案の書… 続きを読む

一覧へ戻る

関連情報

ジュニア

小学校の低学年では、まず「わかる」楽しさを体験することが重要です。ジュニアコースでは、低学年指導... 続きを読む

小学部グループ指導

小5・小6は多くのお子さまにとって、志望校を決め、明確な目標を持って学習を進める段階です。栄光ゼミ... 続きを読む

小学部グループ指導

公立中高一貫校受検は、複数教科の知識を横断的に活用する力が求められる特殊なもの。それゆえに、基礎... 続きを読む

小学部グループ指導

小3から小4は、中学受験戦略のカギとなるとても重要な学年です。中学入試準備コースでは、周囲に差をつ... 続きを読む

栄光ゼミナールの中学受験情報カテゴリー