中学受験で使用する受験票用の写真はこう撮ろう!

更新日:2021/09/06

中学入試が近づくと、願書の準備を始めることになります。
この時期は、併願校の選定や入試日のスケジュール調整など、やらないといけないことが多くなりますので、保護者の方も大変だと思います。しかし、出願しなければ、そもそも受験することができませんので、願書と受験票に添付する写真の準備も忘れずに行いましょう。

目次

撮影場所は写真館?スピード写真でも大丈夫?

中学入試において写真は本人かどうかの確認のために利用されるものですので、写真の写りや仕上がりによって合格・不合格が決まることはありません。
そのため、極端な話ですがスマートフォンで撮影した写真でも問題はありません。しかし、学校によっては、サイズやスマホ・スピード写真の可・不可、白黒・カラーなど学の規定があります。
まずは、受験する学校の出願方法を確認し、対応した写真を用意するようにしましょう。

写真館で撮影するメリット・デメリット

大手の写真館では受験用の撮影プランが組まれ、Yシャツやジャケットの貸し出しからヘアセットまで、まとめて頼めるサービスもあります。
受験用の撮影に慣れているため、お子さまのベストな表情を引き出してくれたり、複数枚撮影して写真を選ばせて場所も多いです。お子さまの魅力を引き出してほしい、納得のいく写真を使いたいという方は、写真館での撮影がおすすめです。
写真館を選ぶ際は、出願に必要な写真のサイズや枚数に対応しているかを確認するだけでなく、データ販売にも対応しているところを選ぶとよいでしょう。近年はインターネットでの出願が多くなってきているほか、急な焼き増しが必要になった場合はデータがあると便利です。
デメリットは金額が高いこと、焼き増しに時間と取りに行く手間がかかることです。また、受験シーズンは混みあうため、希望の日に予約をしにくくなります。早めに予約するように心がけましょう。

スピード写真で撮影するメリット・デメリット

スピード写真の1番のメリットは写真がすぐに手に入ることです。証明写真機はスーパーやデパート、駅など身近な場所に設置されている上、24時間稼働していることが多いので、いつでも利用可能です。
また、最近は簡単な肌補正ができるものやデータで受け取ることができるものもありますので、お近くの証明写真機の機能を確認しておきましょう。
デメリットは、撮影できる量が少ないため良い表情を選びにくいこと。そして、写真館で撮影したものと比べると、どうしても仕上がりに差が出てしまいます。

いつ撮影すればいいの?

中学校受験用証明写真は、基本的に願書提出の3ヶ月以内のものとされています。早い人は夏の間に予約をし始める人もいますが、遅くとも12月中旬までに撮影を終えるように、予約しておくとよいでしょう。

撮影の前に準備しておくことは?

撮影をするのはお子さまですが、保護者の方が準備することは意外と多いものです。撮影前の準備をまとめました。

受験する中学校の出願情報をチェックしましょう

出願校すべての出願に必要な写真の条件を、リストアップしておきましょう。
必要な枚数やサイズ、白黒・カラーはもちろんですが、最近増えているWEB出願のために、データの形式(jpgやpngなど)やファイルサイズもチェックしましょう。写真館で撮影する場合は、条件を先に伝えて対応可能か確認しておく必要があります。
直前に併願校を増やす可能性も考え、写真は少し多めに準備しておくと安心です。

写真撮影時の服装と髪型は?

黒や紺色のジャケットに白のYシャツやブラウスが一般的ですが、背景色によって着こなしを変えると印象がはっきりします。例えば、背景色が白の場合はジャケットを着用するとコントラストが出ますが、ジャケットを脱いでしまうと背景と同化してしまい、ぼんやりとした印象に見えます。逆に背景色が濃い場合は、白いシャツが映えます。
髪型は前髪が目にかからない、長い場合は耳にかけるなど、顔周りにかからないようにするとよいでしょう。寝ぐせなどは直しておいてください。

眼鏡はかけた方がいい?

レンズに反射するので、眼鏡ははずした方がいいですか?という質問を受けることがありますが、入試当日に眼鏡をかけて受験するならかけて撮影しましょう。受験票の写真は、本人確認に利用するため、当日の様子と写真が違うと印象が変わってしまい、眼鏡を外して確認されることもあります。また、「当日眼鏡を付ける場合は写真にも必要である」と、学校側の規定がある場合があります。願書の注意事項はきちんと確認しておきましょう。
写真館では、反射で影ができないように撮影してもらえますが、画質がきれいなため眼鏡の汚れが気になることも。眼鏡拭きを持参しておくとよいでしょう。

中学入試前は、準備することがたくさん!早め早めの行動を!

小学部面談風景

年末年始は併願校の確定、入試対策の追い込みなどで、保護者の方も忙しくなります。出願がギリギリになると写真館の予約が埋まってしまっていたり、最後の追い込みで納得のいく写真を撮る時間を取れなくなることも。早め早めに準備をしておきましょう。
栄光ゼミナールではご家庭と密に連絡を取り、出併願校選びや受験日程の調整。願書類やスケジュール、受験写真についてもアドバイスいたします。
中学入試でお困りごとがあれば、どんなことでも栄光ゼミナールにご相談ください。志望校合格に向けてお子さまとご家庭のコンサルタントとして、豊富な受験情報や多くの先輩たちの実績や実例を踏まえて、最適なアドバイスをさせていただきます。

学習や受験に関するご相談など、
栄光ゼミナールに気軽にお問合わせください

中学受験に役立つ
「学校所在地マップ」プレゼント

毎月LINE公式アカウントで配信

初めての方は、ご希望コースのすべての教科を受講料無料で体験できます。

一覧へ戻る

関連情報

小学部グループ指導

小5・小6は多くのお子さまにとって、志望校を決め、明確な目標を持って学習を進める段階です。栄光ゼミ... 続きを読む

小学部グループ指導

小3から小4は、中学受験戦略のカギとなるとても重要な学年です。中学入試準備コースでは、周囲に差をつ... 続きを読む

ジュニア

小学校の低学年では、まず「わかる」楽しさを体験することが重要です。ジュニアコースでは、低学年指導... 続きを読む

小学部グループ指導

公立中高一貫校受検は、複数教科の知識を横断的に活用する力が求められる特殊なもの。それゆえに、基礎... 続きを読む

栄光ゼミナールの中学受験情報カテゴリー