中学受験のストレス。子どもだけでなく保護者も注意が必要なわけ

更新日:2021/08/06

目次

中学受験疲れによるストレスはどの家庭にも

中学受験は親子の受験といわれ、親と子の二人三脚で行われるものです。しかし、中学受験は長期戦。その間には、親子の歩幅がずれてしまうことが何度もあるものです。
多くの受験生が対策を始める小4のうちは、学習量も、通塾回数も少ないため、余裕がありますが、学年に上がるにつれて勉強量が増加し、親子ともにだんだんと疲労が蓄積されていきます。
親子でストレスフルな状態をどう乗り切ればいいのでしょうか?

子どものストレス対策

学校に塾、習い事などタスクも多いうえ、公立小学校では公立中学進学組の友だちと比べると自由時間が少なく、ストレスにつながることも。そのストレスは学習面にも悪影響を与え、集中力が続かなかったり、投げやりな気持ちになってしまいます。
ストレスを解消するには心も身体もいたわってあげることが大切。お子さまは、増加する学習量に適応できていますか?睡眠不足にはなっていませんか?ずっと机に向かっていませんか?お子さまが無理しているようであれば、宿題を減らしてもらえないか塾に相談してみましょう。
受験生の中にはプレッシャーから自分を追い詰めてしまう子もいます。保護者の方が、お子さまが無理なくできるスケジュールを考えてあげることが大切です。また、栄養バランスの取れた食事で活力を養うことも心身の健康に効果的です。

中学受験は親のストレスも大きな問題になる

最近は、面談の際にお子さまのストレスよりも保護者の方のストレスの悩みを聞くことが多くなってきています。傾向として、お子さまのサポートを「しっかりやらなくちゃ!」と思う保護者の方ほど、ストレスに悩まされています。お子さまとの歩幅を合わせるために、保護者の方のストレス対策もしていきましょう。

気の配りすぎでイライラ

栄光ゼミナールでは定期的に保護者の方と面談をしてるのですが、保護者の方からよく出てくるお悩みが、お子さまが約束を守らなかったことによるイライラです。
親子とはいえど別の人間。お子さまの行動が保護者の方の意に沿わないこともあるでしょう。イライラしてプラスになることはないので、そういうものだと割り切ることも必要です。

完璧にしようとしない

宿題、予習・復習、苦手克服のための学習…など中学受験はやることが沢山!それらのスケジュール管理は保護者の方がすることも多いですが、完璧にやろうとするとスケジュールが崩れたときのストレスは大きなもの。スケジュール管理は必要ですが、余裕を持たせ、多少ずれ込んでも大丈夫なようにしましょう。お子さまにも自分自身にも、完璧を求めない心のゆとりが大切です。

子ども中心の生活をほどほどに

お子さま中心の生活を送っていると、自分のことを後回しにしがちです。しかし、ストレスは小さいことが積み重なって爆発してしまうことも。中学受験は長期戦です。どうしてもお子さま中心の生活になってしまうのは仕方ありませんが、自分のこともいたわり、適度に自分の時間を作ってストレスを解消させましょう。

親子で息抜きの日を作る

小6になると入試の日までのカウントダウンが始まります。学習内容もますます難しくなるなか、成績が思うように上がらないなどの問題が出てくると、親子ともにプレッシャーがかかってきます。
プレッシャーに押しつぶされてしまわないように、お出かけをしたり、公園で身体を動かしたり、意識的に親子で息抜きをする日を作りましょう。ストレス解消はもちろん、その日のために頑張るという意識が働くので、お子さまの学習にも効果的です。

親の負担の少ない塾に転塾することも検討を

それでも、親子の歩調が合わない時は、転塾も視野に入れましょう。
このようなケースの場合、塾の勉強量がお子さまに合っていないことも多く、課題に追われ授業にもついていけなくなる悪循環にはまってしまうこともあります。お子さまの学習進度に合わせた指導をしてくれる学習塾をみつけることも大切です。その結果、保護者の方の負担軽減にもつながります。
栄光ゼミナールでは、「ご家庭にはできるだけ負担をかけない指導」を方針としており、授業以外のご家庭の負担だと思われていた家庭学習は自習室の利用を促すなど、「塾でもできること」を責任もって指導させていただくことで、共働きのご家庭からも支持をいただいています。宿題も普段の学習状況を確認させていただき、適切な量をご提案いたします。

ストレスをためない工夫で、中学受験を走り切ろう!

小学部質問風景

親子で同じ目標に向かっているのに、お互いにストレスをためてしまい、ブレーキがかかるのは本末転倒です。お子さまの成績や志望校のことなどを考えることは重要ですが、中学受験で頭がいっぱいにならないようにすることも大切です。また、親子、バランスのよい食事と適切な睡眠、適度な休息でストレスを発散するようにしましょう。
栄光ゼミナールは「ご家庭にはできるだけ負担をかけない指導」が方針ですので、保護者の方にサポートをお願いする部分は、生活管理(睡眠・食事)やモチベーションアップなどご家庭内でしか解決できないことです。学習に関しては授業を受け持つ講師が、生徒1人ひとりの成績状況や得意不得意を把握、1人ひとりに合わせた指導をします。また、栄光ゼミナールではi-cot(自習室)の利用を推奨。自習の内容を講師が把握できるうえ、質問がスムーズにできます。講師からのアドバイスやコミュニケーションも密にできるため適切な声掛けが可能となり、お子さまの自発的に学ぶ意欲や「いつまでにこれをやっておこう」とスケジュール管理する力等の「学習習慣」が身につきやすくなります。
中学受験のストレスを抱えている場合は、ぜひ栄光ゼミナールにご相談ください。ご家庭と塾の役割分担や、お子さまに最適なスケジュールをアドバイスさせていただきます。

学習や受験に関するご相談など、
栄光ゼミナールに気軽にお問合わせください

中学受験に役立つ
「学校所在地マップ」プレゼント

毎月LINE公式アカウントで配信

初めての方は、ご希望コースのすべての教科を受講料無料で体験できます。

一覧へ戻る

関連情報

小学部グループ指導

公立中高一貫校受検は、複数教科の知識を横断的に活用する力が求められる特殊なもの。それゆえに、基礎... 続きを読む

ジュニア

小学校の低学年では、まず「わかる」楽しさを体験することが重要です。ジュニアコースでは、低学年指導... 続きを読む

小学部グループ指導

小3から小4は、中学受験戦略のカギとなるとても重要な学年です。中学入試準備コースでは、周囲に差をつ... 続きを読む

小学部グループ指導

小5・小6は多くのお子さまにとって、志望校を決め、明確な目標を持って学習を進める段階です。栄光ゼミ... 続きを読む

栄光ゼミナールの中学受験情報カテゴリー