中学受験をするうえで英検®を受けるメリットとは?

更新日:2021/08/06

2020年から始まった小学校での英語教育必修化など、英語学習の重要性はますます高まっています。語学力を評価する検定として代表的なものに「英検®(実用英語技能検定)」がありますが、中学受験をするうえで英検®に合格しておく必要はあるのでしょうか。今回は、中学受験を志すお子さまが英検取得で得られるメリットや必要性、英検®受験を検討する際に知っておきたいポイントについてご紹介します。

目次

英検®とは?

日本国内で広く認知されている「英検®」を受検した経験を持つ保護者の方も多いのではないでしょうか。まずはその内容についておさらいしておきましょう。

歴史ある英語の検定テスト

50年以上の歴史を持つ「英検®」は、英語の4技能(聞く、読む、書く、話す)を測定する検定テストとして、年に3回実施されています。1級から5級まで7段階に分かれています。また、児童を対象とした「英検Jr.®」もありますが、「英検Jr. ®」が入試で活用されることはありません。

英検®のレベル

1級大学上級程度
準1級大学中級程度
2級高校卒業程度
準2級高校中級程度
3級中学卒業程度
4級中学中級程度
5級中学初級程度

中学受験での英検®取得はどんなメリットがある?

中学受験は、国語・算数・理科・社会の4教科が基本ですので、英検®を取得する必要はありません。ただし、近年増えている英語入試を採用する学校では、英検®取得によって入試の成績が優遇されることがあります。どのようなケースがあるのか見ていきましょう。

得点加算

英語で入試を受けた際、英検®の取得級数によって点数が加算されます。加点の対象となる級数や点数は学校ごとに条件が異なります。

判定優遇

英検®を取得している受験生について、「合否判定の際に考慮する」ことを定めている学校があります。具体的には、英語の学科試験の得点がボーダーライン上にあった場合に英検®取得者が優遇されるなど、英検®が合否判定の参考資料として取り扱われます。

学科試験の免除

英検®を取得していると英語の学科試験が免除されます。英検®3級以上を対象とする学校が多くありますが、学校によって基準が異なるため事前の確認が必要です。

その他の優遇措置

上記の優遇制度のほかにも、英検®5級以上で奨学金制度の対象者となる「淑徳SC中等部(東京都文京区)」や英検®準2級以上で入学金免除となる特待生制度がある「神田女学園中学校(東京都千代田区)」(いずれも2021年度入試実績)など、英語教育・グローバル教育に力を入れている学校を中心にさまざまな優遇制度があります。

英検®を中学受験で活用する際の注意点

英検®を入試に活用する学校や英検®取得者を優遇する学校は、年々増加傾向にあります。志望校として検討する際はどのような点に気をつければよいのかご紹介します。

優遇の対象となる級数を確認する

学校によっては英検®5級から点数加算等の優遇措置がある場合がありますが、上位校では対象となる級数が高くなるため注意が必要です。例えば、英語ネイティブ教員による授業の実施など国際教育に力を入れている「大妻中野中学校(東京都中野区)」では英検®準2級以上で英語スピーキング試験が免除、海外研修制度が充実している「昭和女子大学附属昭和中学校(東京都世田谷区)」では英検®2級以上で英語の試験免除(いずれも2021年度入試実績)と、求められるレベルも非常に高いものとなっています。

入試制度の変更に注意

英検®を活用した入試制度の内容や受験資格、優遇措置などは、年度ごとに内容が変わることも多いため、しっかりリサーチしておく必要があります。募集要項が発表されたら細かなところまで読み込み、正しく理解することが大切です。

英検®以外が対象となるケースも

英検®以外の英語の資格・検定を優遇措置の対象としている学校もあります。英語スキルを活かして受験にのぞむ場合は、それぞれの特色を把握したうえで、お子さまに合ったものを選ぶようにしましょう。

中学受験で優遇措置の対象となる資格・検定の例

CEFR

Common European Framework of Reference for Languagesの略で、日本語では「ヨーロッパ言語共通参照枠」と訳されます。ヨーロッパで広く活用されている語学レベルを示す国際標準規格で、語学能力が6段階で評価されます。

TOEFL Junior

アメリカで生まれた英語能力測定試験「TOEFL(Test of English as a Foreign Language)」の小中高生向けテスト。英語の「読む」「聞く」の2技能のスキルを測るもので、結果は合否判定ではなくスコアで表されます。

中学受験で英検®を重視するべき?

近年、中学入試の形態が多様化し、英検®を活用する学校も増えてきました。英検®を取得することで、お子さまの選択肢や可能性が広がるのはよいことですが、まずは基本の4教科が中学入試の大前提となることを理解しておくことが大切です。

まずは基本の4教科をおさえよう

中学受験では相当量の学習が必要です。高学年ともなると4教科の学習だけでも時間のやりくりが大変になってきます。英検®を入試に活用する学校は増えているとはいえ、多くの学校は4教科入試を採用しており、御三家(開成・麻布・武蔵・桜蔭・女子学院・雙葉)でも英語入試は導入されていません(2021年現在)。幼少期から英語を勉強していて相当な実力がついているといった場合には英検®を入試に活用することも検討すべきですが、まずは基本となる4教科の学習に時間をかけて受験対策をしっかりしておくことをおすすめします。

栄光ゼミナールは、多様化する中学受験に対応した受験戦略をご提案いたします。

英検®を活用した入試のほかにも、算数1科目入試や2科目入試(基本4教科から2科目を選択する)など、中学入試の多様化が進んでいます。栄光ゼミナールは、お子さまの適性を見極めたうえで最適な受験戦略をご提案。学年別、目的別の多様な受験対策コースをご用意し、専用カリキュラムと少人数指導で合格までの道のりを支えます。
また、小学校における英語教育必修化など、日本の英語教育は大きな転換期を迎えており、お子さまの英語学習に不安をお持ちの保護者の方が多いかもしれません。栄光ゼミナールでは、中学受験における英検®受検のメリットなど、英語学習に関する保護者の皆さまのお悩みについても丁寧にアドバイス。さらに、中学受験終了後は、栄光の個別ビザビで中高一貫校に合わせた英語指導を行うなど、ご要望に応じてきめ細やかなフォローを提供しています。

学習や受験に関するご相談など、
栄光ゼミナールに気軽にお問合わせください

中学受験に役立つ
「学校所在地マップ」プレゼント

毎月LINE公式アカウントで配信

※入試情報は2021年6月時点での内容です。最新の情報は各学校にお問い合わせください。
※英検®、英検Jr.®は、公益財団法人 日本英語検定協会の登録商標です。このコンテンツは、公益財団法人 日本英語検定協会の承認や推奨、その他の検討を受けたものではありません。

初めての方は、ご希望コースのすべての教科を受講料無料で体験できます。

一覧へ戻る

関連情報

小学部グループ指導

小5・小6は多くのお子さまにとって、志望校を決め、明確な目標を持って学習を進める段階です。栄光ゼミ... 続きを読む

小学部グループ指導

小3から小4は、中学受験戦略のカギとなるとても重要な学年です。中学入試準備コースでは、周囲に差をつ... 続きを読む

小学部グループ指導

公立中高一貫校受検は、複数教科の知識を横断的に活用する力が求められる特殊なもの。それゆえに、基礎... 続きを読む

ジュニア

小学校の低学年では、まず「わかる」楽しさを体験することが重要です。ジュニアコースでは、低学年指導... 続きを読む

栄光ゼミナールの中学受験情報カテゴリー