繰り上げ合格の実態と心構え

中学受験を目指されている方であれば、繰り上げ合格という言葉を耳にしされたことがあると思います。合格発表時に不合格だった場合でも、追加の合格者として合格することを繰り上げ合格といいます。(補欠合格、追加合格と呼ばれることもあります。)しかし、その実態はよくわからない…という方も多いのではないでしょうか。中学受験に挑戦する上では、さまざまなケースを想定し事前の準備をしておくことが大切です。もし、お子さまが該当した場合にもあわてることがないよう、繰り上げ合格について理解しておきましょう。

目次

中学受験における繰り上げ合格とは

なぜ合格発表の後に、繰り上げ合格となることがあるのでしょうか。まずは、その仕組みについて解説します。

繰り上げ合格者が生まれる理由

中学受験では多くの人が複数校を受験するため、合格しても入学を辞退するケースが出てきます。学校側もあらかじめ辞退者数を想定し、募集定員よりも多くの人に合格を出していますが、正確な辞退者の人数を導き出すことは難しく、辞退者が想定よりも多いと定員を下回ってしまうことがあります。そうした場合に、合格ラインに届かなかった受験生を繰り上げて合格とします。

繰り上げ合格の実態

繰り上げ合格者は何を基準に選ばれるのか。また、お子さまが繰り上げ合格になった場合、どのような形で連絡が来るのか。その実態について紹介します。

基本は点数順に繰り上がる

繰り上げ合格の対象者は、不合格者の中で入試の点数が高い順に候補者となるのが基本です。ただし、点数が同じ候補者が複数いる場合は特定の教科の点数が高い受験生を優先するなど、学校ごとに細かなルールがあります。繰り上げ合格者の選定基準について公表している学校と、していない学校とありますので、事前に調べておくとよいでしょう。

候補者への事前連絡は必ずあるとは限らない

中学受験における繰り上げ合格では、合格の可能性がある受験生に対して、事前に補欠合格候補者として通知する学校と、事前連絡はいっさいなく、繰り上げ合格を伝える学校あります。補欠合格候補者の通知について、かつては合格発表時に正規の合格者と一緒に補欠合格候補者として受験番号が掲示されていましたが、今ではほとんどの場合対象者のみに封書などで通知されます。

連絡が来る可能性が高いのは「入学手続き終了後」

繰り上げ合格の連絡は、入学する生徒の数がほぼ確定する入学手続き終了後の数日間にくることが多いようです。ただし、候補者が多い場合など、学校の都合で連絡が遅くなることもあります。

連絡手段は電話が多い

繰り上げ合格の通知は電話連絡がほとんどです。その場合、入学願書に記入した電話番号にかかってきますので、保護者の連絡がつきやすい電話番号を記入するようにましょう。また、学校によっては非通知でかけてくることもありますので、繰り上げ合格の連絡が入る可能性がある期間は、電話の非通知拒否設定を解除しておくことが大切です。

最新の入試情報・動向のチェックを忘れずに

繰り上げ合格者の有無やその人数は、年ごとに異なります。また、繰り上げ合格者への連絡方法も学校ごとに異なるため注意が必要です。気にかかることは、塾の先生に相談してみましょう。中学受験に関する多くのデータを持つ、塾ならではのアドバイスが受けられるはずです。入試シーズンに入ってからも、塾には随時最新の情報が集まってきますので、インターネットや本だけではわからない貴重な情報を得ることができるでしょう。

繰り上げ合格はどのくらい期待できるのか?

入試本番で手ごたえを感じ、自己採点では高得点なのに不合格だった場合など、繰り上げ合格を期待してしまいそうですが、実際中学受験で繰り上げ合格する人はどれくらいいるのでしょうか。ここでは、繰り上げ合格の可能性について考えてみます。

可能性はわずかと考えておく

どの学校でも過去のデータをもとに慎重に合格者数を見極めているため、例年より突出して多くの繰り上げ合格者が出ることはまずありません。志望者の多い難関校などでは、繰り上げ合格者が出ない年もよくあります。繰り上げ合格はまれなことだと認識して、過度な期待はしないほうがよいでしょう。

合格を勝ち取るためには、ケアレスミス対策の徹底を

学校によっては、入試終了後に合格者の平均点や合格最低点を公表することがあります。繰り上げ合格のある学校で、お子さまの点数が合格最低点から1~2点低いだけの場合には、繰り上げ合格する可能性もあると言ってよいでしょう。当然のことですが、繰り上げ合格に限らず入試では1~2点の差が合否の分かれ道となります。受験勉強では、ケアレスミス対策をしっかりするよう今一度、心得ておきましょう。

繰り上げ合格の連絡がきたら

もし、お子さまに繰り上げ合格の連絡がきたらどう対応するのか、受験生の親として心の準備をしておくことが大切です。特に意識しておきたいポイントをお伝えします。

事前に話し合っておくことが大切

繰り上げ合格の連絡がきた場合、入学の意志があるのかどうか、すぐにYes・Noを求められるケースがほとんどです。もし繰り上げ合格したらどうするのか、進路についてすべての入試が終わったタイミングでお子さまとしっかり話し合っておくことが大切です。

冷静に適切な判断を

中には、繰り上げ合格に引け目を感じてしまうお子さまもいます。繰り上げ合格は、入試本番での点数が正規合格者よりもわずかに低かったというだけで、入学に必要な実力は充分備わっているのだということを伝えてあげましょう。大切なのは、入学後その学校で頑張れるかどうかです。お子さまが、適切な選択をできるよう、保護者の方が冷静に導いてあげてください。

栄光ゼミナールは少人数指導。合格を勝ち取るために徹底サポート

中学受験では、1~2点の差が合否を分けるため、ケアレスミスをなくすことが非常に大切です。栄光ゼミナールは少人数クラスで授業を実施。生徒一人ひとりの個性を把握したうえで、入試本番で着実に点数を積み上げる実力を身に着けるよう、丁寧な指導をしていきます。また、中学受験ではお子さまが受験勉強に集中できるよう、保護者のサポートが欠かせません。志望校の最新入試情報、志願者数や繰り上げ合格者数の推移など、気になることがあればいつでもご相談ください。これまで多くの受験生をサポートしてきた入試データをもとに、お悩みの解決につながる適切なアドバイスをいたします。

学習や受験に関するご相談など、
栄光ゼミナールに気軽にお問合わせください

中学受験に役立つ
「学校所在地マップ」プレゼント

初めての方は、ご希望コースの全ての教科を受講料無料で体験できます。

一覧へ戻る

関連情報

小学部グループ指導

小5・小6は多くのお子さまにとって、志望校を決め、明確な目標を持って学習を進める段階です。栄光ゼミ... 続きを読む

小学部グループ指導

公立中高一貫校受検は、複数教科の知識を横断的に活用する力が求められる特殊なもの。それゆえに、基礎... 続きを読む

小学部グループ指導

小3から小4は、中学受験戦略のカギとなるとても重要な学年です。中学入試準備コースでは、周囲に差をつ... 続きを読む

ジュニア

小学校の低学年では、まず「わかる」楽しさを体験することが重要です。ジュニアコースでは、低学年指導... 続きを読む

栄光ゼミナールの中学受験情報カテゴリー