中学受験を独学は無理?大学受験や高校受験と違う理由

中学受験はお金がかかります。進学後の入学金や授業料だけでなく、入学前の学習塾の費用も大きい金額です。そのため、塾に通わず対策したいと思われる方もいらっしゃるでしょう。
しかし、中学受験対策を独学で行うのはかなり難しいと言わざるを得ません。

目次

独学でも不可能ではない高校受験・大学受験

高校受験や大学受験はで独学で難関校に合格する人はたくさんいます。しかし、中学受験を独学で合格する人は少ないです。
自己管理ができるようになった中高生であれば、自分でスケジュール管理ができたり、自分の学習状況を把握して学習計画を作ることができます。また、参考書や問題集などに1人で取り組んだり、過去問の傾向を分析することもできるでしょう。
しかし、小学生にそこまでを求めるのは難しいこと。大人のサポートが不可欠です。

中学受験は根本的に違う

また、中学受験は高校受験・大学受験と根本的に違います。それは、出題される問題にあります。

中学入試で出題される問題は小学校で習うことだけでは解けない

高校受験や大学受験は、基本的に中学校・高校で学習する範囲で解ける問題が出題されますが、中学受験は小学校で習わない鶴亀算なども多く出題されます。そのため、小学校での学習とは違う対策が必要になります。小学校で良い成績をとっていても、中学受験の問題は歯が立たず驚かれるという話はよく聞きます。
しかも、塾では通常中学受験用のカリキュラムを3年間かけて学ぶため、対策は長期間に及びます。

独学の欠点

ご家庭で中学受験対策を行う場合、特に難しいのが以下の2つです

学習スケジュールの策定が難しい

前述のとおり、中学受験対策の独自内容を学習しなければいけないため、塾では独自のカリキュラムを作り学習を進めていきます。ですから、塾に通わずご家庭で学習する場合は、学習内容からご自身で考えていく必要があります。3年間独学で行うならば入試に必要な学習内容を確認し、3年分スケジュールをさかのぼって考えていかなければなりません。この作業をご家庭で行うとなると時間も手間も膨大になります。さらに、自主学習(塾だと主に宿題として出される)も必要です。

子どもの反抗期

中学受験は小4~小6の3年間に学習しますが、この期間はまさにお子さまの反抗期が始まる時期です。ご家庭で対策する場合、保護者の方が先生となりますが、反抗期と重なってしまうとどうしても口喧嘩などが多くなり、スケジュール通りに学習が進まなくなってしまいがちです。また、保護者の方も教えたところができなかったり、簡単な問題でつまずいたお子さまを見ると。あたりが強くなってしまうこともあります。
そのため、親が塾講師をしている家庭でも、自分でお子さまに指導する人は少ないそうです。

中学受験塾の役割

このように、中学受験は高校受験や大学受験とは性質が異なります。そのため、栄光ゼミナールでは中学受験を行うご家庭に対し、大きく3つサポートを行っています。

学習面のサポート

中学受験に特化した学習内容を漏れなく習得することができるよう、専用の教材とカリキュラムを策定。同じ分野を複数回学びながら少しずつレベルアップしていく「スパイラル方式」を取り入れて、3年間で知識を定着させます。また、6年では入試対策に充分な時間を取って、志望校に対応した学習を行っていきます。
他にも、定期的に模試(アタックテスト)を行い、教科別・単元別で苦手を見つけ今の学力を把握。学習計画を見直ししながら、志望校合格を目指します。

精神面のサポート

栄光ゼミナールは少人数グループ指導を行っています。クラスメイトはみな、志望校合格に向けて頑張る仲間でありライバルです。小学生は、クラスメイトからの刺激を受けて、競争心や勉強へのモチベーションが上がるお子さまが多いため、やる気を引き出せる環境です。また、少人数ですので、先生の目も届きやすく、理解不足を作りません。
他にも毎週の通塾、宿題、予習復習から、学習のリズムを作ることができ、ご家庭でも一定量の勉強量を確保することができるため、保護者の方が勉強を教えるなどの負担も少なくなります。

情報面のサポート

栄光ゼミナールでは毎年たくさんの合格者を送り出してきた実績をもとに、入試に関するさまざまなデータを提供しています。各中学校の特徴やお子さまの志望校の入試傾向なども熟知していますので、無駄な学習を省き、効率よく対策することができます。

中学受験を独学で行うには、親の覚悟が必要

このように、中学受験の対策をご家庭で行うには、保護者の方が塾の役割をすべて補う必要があるということになります。しかし、塾に通っていても「中学受験は親の受験」と呼ばれるほど、保護者の方のサポート無しで成立させるのは難しいものです。ですから、塾なしで中学受験をするには、保護者の方の知識・学力、情報収集力、計画性、そして時間をかける強い覚悟が必要となります。
もちろん、塾なしでも中学受験を成功させたご家庭もいらっしゃいます。しかし、もし不安を感じることがあれば、塾通いをご検討されてはいかがでしょうか?

栄光ゼミナールでは、中学受験が初めてのお子さまとご家庭を丁寧にサポートいたします。お気軽にお問合せください。

学習や受験に関するご相談など、
栄光ゼミナールに気軽にお問合わせください

初めての方はご希望の全ての教科を1回ずつ無料で体験できます。

関連記事

中学受験の塾はいつから?保護者のお悩みQ&A

中学受験の塾はいつから?保護者のお悩みQ&A ますます多様化している中学受験。初めての経験、初めての問… 続きを読む

中学受験のための塾はいつから?小4という岐路

中学受験のための塾はいつから?小4という岐路 栄光ゼミナールにも、中学受験を考えている保護者の方から「中学受験… 続きを読む

中学受験の準備はいつから?低学年のうちにしておきたいこと

中学受験の準備はいつから?低学年のうちにしておきたいこと 中学受験を考える上で、いつから対策を始めるか悩まれる… 続きを読む

一覧へ戻る

関連情報

小5・小6は多くのお子さまにとって、志望校を決め、明確な目標を持って学習を進める段階です。栄光ゼミ... 続きを読む

公立中高一貫校受検は、複数教科の知識を横断的に活用する力が求められる特殊なもの。それゆえに、基礎... 続きを読む

小3から小4は、中学受験戦略のカギとなるとても重要な学年です。中学入試準備コースでは、周囲に差をつ... 続きを読む

栄光ゼミナールの中学受験情報カテゴリー