6年生になってからはじめる中学受験。短期決戦でも合格できる?

教育制度改革の混乱による不安から、それまで公立中学への進学を予定していたご家庭でも、急きょ中学受験を考えはじめる方が増えています。またコロナ禍での学習環境の変化を受け、進学について改めて考え直されるご家庭も増得ているようです。しかし中学受験は、受験する学校の偏差値にかかわらず、膨大な学習量が必要です。6年生になってからの準備で志望校合格が可能なのか、受験の決断前に知っておいてほしいことをご紹介します。

目次

6年生からはじめる中学受験は、かなり厳しい

6年生で中学受験を考え始めたご家庭は、それまで進路についてはあまり意識せず、地元の公立中学に進学するつもりだったご家庭が多いようです。中学受験を決意するには、各ご家庭の強い事情やご事情があることと思いますが、それまで中学受験対策をしてこなかったお子さまが6年生から中学受験に挑むには、気力・体力・経済面など様々なハードルを親子で越えなければなりません。
正直、中学受験は6年生からのスタートではかなり厳しいです。しかし、志望校によっては強い覚悟と適切な学習があれば不可能ではありません。

中学受験は、学校の勉強だけでは対応できない

小学校の成績がいいからと言って、短い期間でも中学受験も対策できると思っていたらその考えは危険です。中学入試では小学生が6年間で学ぶ内容に加えて、それを大きく上回る学習範囲とさらに発展させた問題が出題されるため、学校の勉強だけでは到底対応することができません。そのため中学受験をめざす受験生の多くは4年生またはそれ以前から塾に通い、専用のカリキュラムに沿って勉強を続けています。3年間かけて段階的に準備を進めてきたライバルたちとの差を短期間で縮めるのは、並大抵の努力では難しいことです。

学習習慣の有無が、受験勉強を大きく影響する

中学受験を決めたからといって、いきなり毎日何時間も勉強しようとしてもうまく続けることができません。塾に通いはじめると、模試や小テストが頻繁に実施され、授業ごとに大量の宿題が出されますが、長時間勉強する習慣がついていない生徒は体力も気力も持ちません。一方、何年も前から通塾している生徒は、塾の授業を通して長時間勉強する習慣が自然と身に付いているため、これから入試本番に向けて勉強量を増やしていくことができます。結果はお子さまの努力次第ですが、6年生で受験勉強を始める時点では他の受験生との間に大きな差があることは理解しておかなければなりません。

中学受験には親の「覚悟」が必要不可欠

中学受験をめざす小学生の多くは、4年生(塾の新学期である小3の2月)から塾に通い、3年間にわたって専用のカリキュラムで学んでいます。6年生から中学受験をはじめる場合、同じ内容を実質10か月で学ぶことになるため授業数を増やさなければなりません。また多くの集団指導の塾ではカリキュラムが6年生からスタートできる内容になっていないため、受け入れてくれる塾は非常に少ないのが現状です。そのため、習っていない2年分を個人に合わせて指導してくれる個別指導の塾や家庭教師、それと6年生のカリキュラムを学べる塾を併用して準備を進めることになります。並行して行なうので、それだけの学習を集中して行う覚悟がなければいけません。当然、時間も費用負担は大きくなります。
中学受験はお子さま本人の努力だけでなく、ご家庭の協力がなければ戦えません。学費のほかにも、学習のサポート、塾の送り迎えなどのサポート、お子さまの不安や焦りに対するメンタルケアなど、わが子の力を信じて最後まで全力で支える親の「覚悟」が何よりも大切なのです。

中学受験を決断する前に、親子で話し合いを

中学受験では、親子で目標を共有し、気持ちのベクトルを同じ方向に向けることが大切です。子どもの意思や動機があいまいだったり、親の気持ちばかりが先走ってしまうと親子の歯車がうまくかみ合わず、思うような結果が得られません。中学受験の最終的な決断の前にまずは親子でじっくりと話し合い、なぜ中学受験をしたいのか、これから本気で勉強だけに打ち込む覚悟があるのかなど、お互いの意思をしっかり確認することが大切です。

動機が「友だちが受験するから」は要注意

子どもから中学受験をしたいと言い出す理由として、友だちの存在が影響しているケースがあります。中学受験をする仲の良い友だちから、その中学校の素晴らしさを聞かされたり見学した文化祭の写真を見せられたりして、自分も中学受験したいと考えはじめる生徒が多いようです。しかし、「友だちがするから自分も」といった安易な気持ちで中学受験を決めるのは危険です。中学受験に挑戦するなら、習い事やゲーム、友だちと遊ぶ時間などたくさんのことを我慢しなければならないこと、膨大な時間を勉強に費やさなければならないことを前提に、親子でじっくり話し合いましょう。

「ゆる受験」という選択肢

習い事と両立させたい、無理な勉強はさせたくないが良い環境で中高をすごさせたいなどの理由から、上位校をめざすのではなく、6年生の1年間で無理な受験勉強をしないでも手が届きそうな私立中学を受験する「ゆる受験」。無理な勉強で勉強嫌いにならなければ中学入学後の伸びも期待できます。しかし「ゆる受験」といっても、入試で出題される問題に大差がないので、同じだけの学習量と時間が必要なことに変わりありません。また、ゆる受験を否定はしませんが、「合格できそうな中学だから」という理由だけで志望校を決めると、お子さまが不本意な人生を送ってしまうこともあります。志望校の選択は慎重に、「お子さまが行きたい学校」を選びましょう。

目標を高校受験に切り替えることも選択肢に

中学受験で第一志望校に合格できる小学生は全受験生の約3割といわれています。6年生になってからのスタートで1年間という短い時間に無理やり勉強を詰め込んだその結果、志望校に合格できなれば、お子さまは勉強嫌いになってしまう可能性もあります。中学受験に十分でない準備で挑戦をするのであれば、目標を高校受験にシフトするのもひとつの方法です。中学受験で合格できそうな学校に入るのではなく、中学3年間を加えた4年間で実力を高められれば、難関高校へチャレンジすることもできます。お子さまの希望が叶えられる高校の有無も調べ、中学受験にとらわれず、お子さまの人生を長い目でとらえたうえでベストな選択は何かを考えることも大切です。

栄光ゼミナールはお子さまのやる気を応援します!

栄光ゼミナールでは、6年生から中学受験に挑戦するご家庭のご相談も随時お受けしています。現在の成績や学習状況、お子さまんもやる気などについて詳しくお伺いしたうえで、栄光ゼミナールの受験対策コースだけでなく、姉妹ブランドの栄光の個別ビザビでの学習も選択肢に入れ、目標に到達するための学習プランをご提案します。場合によっては高校受験への目標のシフトチェンジをおすすめすることもありますが、栄光ゼミナールではお子さまの将来を第一に考え、やる気を結果につなげる最善策を一緒に考えてまいります。まずはお気軽にお問い合わせください。

学習や受験に関するご相談など、
栄光ゼミナールに気軽にお問合わせください

はじめての方は、ご希望の全ての教科を1回ずつ無料体験できます。

関連記事

【中学受験】小学4年生の勉強の仕方と学習のポイント

【中学受験】小学4年生の勉強の仕方と学習のポイント 中学受験の勉強を始めたばかりの小学4年生は、お子さまも保護… 続きを読む

最初の挫折を乗り越える5年生の過ごし方

最初の挫折を乗り越える5年生の過ごし方 中学受験は長期戦。入試本番までの長い道のりでは、それぞれの時期にそれぞ… 続きを読む

【中学受験】失敗しない塾の選び方

【中学受験】失敗しない塾の選び方 初めての中学受験の場合、塾の選び方で悩まれるご家庭も多いのではないでしょうか… 続きを読む

一覧へ戻る

関連情報

公立中高一貫校受検は、複数教科の知識を横断的に活用する力が求められる特殊なもの。それゆえに、基礎... 続きを読む

小3から小4は、中学受験戦略のカギとなるとても重要な学年です。中学入試準備コースでは、周囲に差をつ... 続きを読む

小5・小6は多くのお子さまにとって、志望校を決め、明確な目標を持って学習を進める段階です。栄光ゼミ... 続きを読む

栄光ゼミナールの中学受験情報カテゴリー