中学受験をするのに必要な年収は1000万円以上?

中学受験をするのに必要な年収は1000万円以上?

中学受験を検討するにあたって、気になるのはお金の話。授業料がかからない公立中学に比べて、私立中学は入学金や授業料など多額のお金がかかります。そのため、中学受験をするには、世帯年収が1000万円ないと厳しいという話も耳にします。
実際、私立中学に通学するにはどのくらいの金額がかかるものなのでしょうか。

アイコン:パレット 目次

中学進学でかかる学習費

写真

平成30年に文部科学省で行われた子供の学習費調査では、学習費を学校教育費・学校給食費・学校外活動費の3項目に分けて報告がなされています。

①学校教育費:学習費を入学時にかかる入学金、授業料、施設費、修学旅行費、教科外活動費、寄付金など

②学校給食費:給食費用

③学校外活動費:学習塾などの補助学習費や習い事等の学校外活動費

私立と公立の学習費総額の差

では私立と公立中学校ではそれぞれ学習費にどのくらいの費用がかけられているのでしょうか?
同調査結果を見ると、私立中学校の生徒は1年間で平均1,406,433円、公立中学校の生徒は平均488,397円と私立中学の生徒は公立中学の約3倍費用が掛かっていました。
内訳をみてみると学校教育費にかかる費用が1年間に公立中学校は約13万9千円、私立中学校の場合は約107万1千円と私立中学校でかかる費用は公立中学校の約7.7倍と大きく差が開きますが、学校外活動費は公立が約30万6千円、私立が33万1千円とあまり差がなく、その中の学習塾などの補助学習費では、公立中学校は24万3千円、私立中学生は22万円と公立中学校の方が多くなっています。

公立中学校 私立中学校
学習費総額 488,379円 1,406,433円
学校教育費 138,961円 1,071,438円
学校給食費 42,945円 3,731円
学校外活動費 306,491円 331,264円

実際に私立中学に通う家庭の年収は?

同調査によると、公立中学と私立中学に通うご家庭の世帯年収はグラフのようになっています。
よく、中学受験は年収1000万円がボーダーラインといわれますが、グラフを見ると600万円~799万円が17%。800万円~999万円が20%と1000万円までいかなくとも、通学されている方は多くいらっしゃることがわかります。

月額12万円をかけられるかがポイント

年収でのボーダーラインを引くことは難しいですが、年間での学習費が140万円という結果から、中学受験をするかどうかを考える上で、金額面では月約12万円をお子さまの教育費として捻出できるかが、ポイントになると考えられそうです。
また、中学受験には学習塾での対策が必須となるため、進学前の通塾費用や受験料なども考慮しておきましょう。

中学受験のメリットとは?

写真

多額の学習費をかけてまで通わせたいと思われる私立中学には、魅力やメリットがたくさんあります。
私立中学は学校ごとに異なる教育理念を掲げており、お子さまに合った学校に通うことで長所を伸ばすことができます。また、中高一貫教育がほとんどなため、大学受験の準備がしっかりと行うことができます。さらに、多感な小学生の時期に受験を経験することで、多くの知識が身につくとともに、困難に打ち勝つ力を鍛えることもできます。

年収ではなく、お子さまの将来を考えた選択を

写真

調査結果を見ると年収600万円~799万円のご家庭も私立中学に進学していることがわかり、1000万円というボーダーラインはなくなりつつあります。
首都圏では、5人に1人が中学受験をする時代。年収で線を引くのではなく、お子さまの将来をどう過ごしてほしいかを考えながら、中学受験をするかを検討してみてはいかがでしょうか。
栄光ゼミナールの私国立中入試対策コースは、生徒1人ひとりに自信と意欲を持って学習を進めてもらうために少人数指導にこだわっています。講師が、生徒1人ひとりの進み具合や、つまずきそうなポイントを把握し、対話しながら授業を進めるので苦手を作りません。
長年の指導と実績で培われた知識と経験で生徒1人ひとりと向き合い、次のステップに向かう意欲を引き出す的確な指導で、志望校合格を目指します。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE