中学受験をするお子さまに必要な睡眠時間は?

中学受験をするお子さまに必要な睡眠時間は?

中学受験は演習量が多く、入試が近づいてくると勉強時間を確保するために睡眠時間を削って勉強をする受験生が増えてきます。しかし、成長期の子どもにとって、きちんと睡眠をとることは生活の基本。学習したことを頭に定着させるためにも睡眠は重要な役割を果たすと言われています。今回は日本の子どもたちがどのくらい睡眠時間をとっているのかをデータで紹介するとともに、睡眠不足が学習にもたらす影響についてまとめました。

アイコン:パレット 目次

中学受験をする小6の睡眠時間の実態は?

しっかり睡眠をとることが大切なことはわかっていなが2らも、受験生であれば勉強時間の確保も必要となり、頭を悩ませている保護者の方も多いと思います。そこで、今回は小学生に必要とされる睡眠時間はどれくらいなのか、実際に子どもたちはどれくらい睡眠をとっているのかをデータで紹介します。

小学生に必要な睡眠は「9~11時間」

写真
参照:内閣府「平成27年版 子供・若者白書」

2015年に米国国立睡眠財団が公表した年齢別に必要と考えられている睡眠時間では、6歳~13歳は「9~11時間」の睡眠が必要と言われています。しかし、内閣府が行った調査によると、日本の小学生(10歳以上)の平日の平均起床時刻は「6時38分」、平均就寝時刻は「21時57分」となっています。これを計算すると睡眠時間は「8時間41分」となり、多くの子どもたちが充分な睡眠時間が取れていないことがわかります。

眠くて授業に集中できない小学生は「3割以上」

また、文部科学省の調査で「学校がある日の午前中、授業中にもかかわらず眠くて仕方がないことがあるか」をたずねた調査によると、「よくある」と「ときどきある」を合わせた割合は小5で31.0%、小6で38.9%と、ともに3割を超える結果になりました。個人差はありますが、充分な睡眠がとれていないことが要因の1つになっていると考えられます。

学習効果に大きな影響を及ぼす「睡眠」

中学受験をする子どもに限らず、現代の小学生は睡眠時間が不足しているということが見て取れますが、そもそも睡眠はなぜ大切なのでしょうか。睡眠が学習の効率や体の成長に及ぼす影響と共にを見てみましょう。

睡眠不足が及ぼす悪影響

睡眠が足りていないと日中疲れやすくなり、活発に行動することができません。また、免疫力が低下するため風邪や感染症を引き起こしやすくなります。受験本番は真冬の時期。寒さに負けない強い体を作るためにも睡眠時間は大切です。また、丈夫な体を作り、病気から体を守る「成長ホルモン」は、夜眠っている時に活発に分泌されます。昔から「寝る子は育つ」と言われていますが、科学的にも証明されていることなのです。

「眠ること」で学習内容が記憶される

寝ている時に、眠りが浅い「レム睡眠」と、眠りが深い「ノンレム睡眠」を繰り返していることはよく知られています。そして、一晩に4~5回あらわれる「レム睡眠」の時に、脳は昼間に勉強した内容を整理し、記憶として脳に定着させる重要なはたらきをすると言われています。つまり、睡眠時間が短くなれば、それだけ「レム睡眠」の回数が減り、せっかく覚えた学習内容が脳に残りにくいということ。学習の効果を高めるためには、充分な睡眠が欠かせないのです。

受験勉強中に睡眠時間を確保するコツ

写真

中学受験に合格するためには相当な量の学習が必要です。日々の学習スケジュールをこなしながら、きちんと睡眠時間を確保するにはどんなことを意識すればよいのでしょうか。「しっかり眠って、しっかり学習」を実現するためのコツを紹介します。

「寝る時間」を固定する

「毎日、9時には寝る」と就寝時間を決めて習慣化しましょう。時間を決めることで、「8時までに宿題を終えなければいけない」など、時間を意識した行動がとれるようになります。就寝時間だけでなく、食事や入浴の時間も決めると生活のリズムが生まれやすくなるのでおすすめです。

勉強時間を朝型に切り替える

塾から帰宅した後など、夜遅くなった時に疲れた頭で勉強するのは効率的とは言えません。しっかり眠って、疲れがとれた朝に勉強する「朝型学習」に切り替えたほうが、勉強がはかどります。入試も午前中にスタートします。頭の冴える「自分のピーク」が朝にくるよう習慣化していきましょう。

休日も生活リズムを守る

休みの前日、「明日は休みだから少し遅くまで寝ていたい」という気持ちもわかりますが、生活リズムが崩れてしまうのでおすすめできません。せっかく習慣化したことも、たった一日変えてしまうことで簡単に崩れてしまいます。できるだけ、休日も平日どおりのペースで過ごす努力が大切です。

寝る前のスマホは避ける

勉強には息抜きの時間も大切ですが、寝る前にパソコンやスマートフォンなどを利用するのはやめましょう。画面から出るブルーライトには、睡眠を促すメラトニンというホルモンを抑制する効果があり、寝付きが悪くなってしまいます。就寝前はリラックスした状態で過ごすことがスムーズに入眠するポイントです。

中学受験対策は「量より質」の学習を目指そう

限られた時間の中で、充分な学習時間と睡眠時間を確保するには、常に時間を意識した行動を心掛けましょう。学習面では長時間机に向かうことにこだわるのではなく、短時間で密度の濃いものにできるよう、「量より質」の学習を重ねていくことが大切です。いつ何を勉強するのかしっかりと計画を立て、一歩一歩成果を積み重ねていくことが合格への近道です。

「声がけ」で生活の習慣化を後押し

時間を意識したスケジュールを作っても、それが習慣化されなければ意味がありません。決まった時間に食事や入浴ができるよう、保護者の方は生活面をサポートしてあげてください。また、勉強を開始する時間が近づいてきたら「7時からは国語を勉強する時間だよね?」など、お子さまが机に向かう「心の準備」ができるように声がけを。スケジュールを親子で共有することで習慣化しやすくなります。

栄光ゼミナールは、限られた時間の中で
しっかり学べる「質の高い勉強方法」を提案いたします。

写真

中学受験期は、子どもたちの心と体が飛躍的に成長する大切な時でもあります。栄光ゼミナールでは、限られた時間の中で効率よく伸ばしていけるよう、中学受験に必要な内容が詰まったテキストやお子さまが間違えやすい問題だけを集めた個別復習プリント「リタプリ」など、効率的で効果的なな学習システムを用意しております。また、講師と生徒の距離が近く相談しやすい環境なので、学習面だけでなく生活面での悩みもしっかりサポートすることができます。そして家庭学習の習慣化にはご家族のフォローが欠かせません。習慣化のコツや声がけの仕方など、保護者の方のお悩みも受験のプロである栄光ゼミナールに気軽にご相談ください。

 
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE