【中学受験】男子校・女子校・共学校、それぞれの魅力や違い

 
【中学受験】男子校・女子校・共学校、それぞれの魅力や違い

中学受験の学校選びは大変!私立中学校・国立中学校・公立中高一貫校と選択肢が広がっています。また、男子校・女子校と共学校では雰囲気が違います。今回は、男子校・女子校・共学校、それぞれの魅力や違いをご紹介します。

アイコン:パレット 目次

男子校・女子校・共学校。それぞれの魅力や違い

写真

共学と男子校・女子校の大きな違いは、男女が一緒に学校生活を送るか、男子は男子のみ、女子は女子のみで学校生活を送るかです。ただし、中学生という思春期にどちらの学校で過ごすかは、お子さまの成長にも大きくかかわってきます。
今回は、男子校・女子校と共学の違いを解説します。お子さまに適しているのはどちらなのかを考えてみましょう。

同性だけの環境でのびのびと育てる男子校・女子校

思春期にあたる小学校高学年から中学生の年代は男子よりも女子の方が精神的にも身体的にも成長が速いため、男子は男子、女子は女子だけで生活したほうがのびのびと成長できるという考え方があります。また、男子は空間認知能力が高く、女子は言語認知能力が高いなど、学力や理解の仕方にも違いがあるといわれています。そのため、男女の特性に合わせて分かりやすい教育をすることができます。このように男女の差を利点ととらえ教育をしているのが、男子校・女子校なのです。

男子御三家・女子御三家など伝統のある学校が多い

男子校・女子校には伝統のある学校も多く、男子御三家の開成中・麻布中・武蔵中、女子御三家の桜蔭中・女子学院中・雙葉中がその代表です。これらの学校は、先生が、長年の歴史の中で培った男女それぞれの思考方法や理解の仕方に合わせた指導をしているため、今でもなお高い進学実績を誇っているといえます。

同級生や先輩・後輩関係が強固になりやすい

男子校・女子校出身の方が、一生の友だちを作りやすいといわれています。同級生や先輩・後輩の間で異性の目を気にせずに腹を割って話せるからだとか。しかし、異性の目を気にしなさすぎて、マナーやモラルが乱れがちになったり、異性とうまくコミュニケーションが取れなくなることもあるので注意が必要です。

男女の違いの違いを認識し、協力し合う姿勢が生まれる共学校

共学校の魅力は、男女の違いを認識し協力しあう姿勢が生まれることです。学校行事や部活動などの行事では、男女それぞれの長所を活かしておおいに盛りあがることが期待できます。また、大学や社会に出た際に、共学校出身者は戸惑いが少ないのも特徴です。

公立小学校との違和感がない

男女が一緒に学ぶ公立の小学校からの進学でも違和感がありません。思春期に生じる男女の差を認め、それぞれの優れたところを吸収することもできます。また、共学だからできる行事やクラブ活動があり、活動の幅も広がります。その反面、男女の役割が固定化されやすい傾向もあります。

男子校・女子校から共学になる中学校も

写真

近年、男子校・女子校が共学化するケースも増えています。ここ数年、共学の人気が高いため、共学化することにより受験者が増える傾向があるからでしょう。
しかし、ひと口に共学化といっても学校によってその形態は異なり、同じ学校の中で男子部と女子部を分ける学校や、クラス編成は男女別としつつ学校行事などは男女一緒に行い、男女併学システムを採用する学校も出てきています。

校風や特徴をチェックし、お子さまに適した学校を選ぼう

写真

今回は男子校・女子校・共学校というカテゴリーでくくってみましたが、各中学にそれぞれの良さがあります。教育方針やシステム、学校設備なども異なり一概にどれが良いと決めることはできません。大切なのはお子さまの性格や学習スタイル、将来像などをイメージしたうえでどの学校が一番適しているのかを判断することです。しかし、たくさんある中学校を全部見て回ることはできませんよね。
栄光ゼミナールでは、定期的に行う面談の中でお子さまの性格や保護者の方の教育方針などを鑑みて、それぞれのお子さまに合いそうな中学校を提案することができます。現在のお子さまの学習状況や苦手分野、今後の学習方針など、栄光ゼミナールはご家庭のコンサルタントとしてアドバイスいたします。お困りのこと、不安なことがありましたらいつでもご相談ください。お子さまにとって"一番の中学校"へ導きます。

 
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE