中学受験に家庭教師は必要か?

 
中学受験に家庭教師は必要か?

中学受験の学習を進めていく中で、進学塾で対応できない対策が必要になったとき、家庭教師を検討することが有ります。しかし、進学塾に通っているうえで、家庭教師をお願いするのはお子さまの体力や費用など様々なハードルがあるもの。家庭教師が本当に必要かメリット・デメリットを理解し、お子さまに一番良い判断ができるようにしましょう。

アイコン:パレット 目次

中学受験で家庭教師を必要とするとき

中学受験で家庭教師が必要かどうかは、お子さまの悩みにより異なります。代表的な例を見てみましょう。

集団授業の塾についていけなくなった

写真

集団授業で分からない部分を教えてもらう目的で家庭教師を検討されるご家庭が多いようです。中学受験を行う際、集団授業の塾に通うのが一般的ですが、集団授業の塾のカリキュラムは志望校に向けて必要な範囲を効率よく学習できる反面、講師が生徒1人ひとりの理解を個々に確認しながら授業を進めるのが難しく、理解が追い付かない生徒が出てきてしまうことがあります。授業内で理解できなかった場合、苦手を残してしまい、後々授業についていけなくなるということにもなりかねませんので対策が必要です。

受験勉強を始める時期が遅かった

一般的に進学塾の中学受験用のカリキュラムは、小学校3年生の2月からスタートします。途中から受講することは可能ですが、授業内で前のカリキュラムを遡って勉強することはできないので、自分で学習することになります。受験勉強を始めるのが遅くなればなるほど、その量も多くなり、1人で学習するのは難しく、何らかの対策をする必要があります。

志望校に特化した対策をしたい

集団授業の場合、学力が同等のレベルの生徒を集めてクラスを作りますが、生徒全員が同じ学校を目指していることはほとんどありません。そのため、授業内でお子さまの志望校をピンポイントで対策することは難しいことです。ピンポイントの志望校対策を望むようであれば、別の対策が必要です。

家庭教師を考えるなら、メリット・デメリットを知っておこう

お子さまの苦手や志望校などピンポイントの対策をしたいときに検討する家庭教師。しかし、そのメリット・デメリットはなかなか知られていません。メリット・デメリットをおさえることでお子さまの対策には家庭教師がいいのか、別の対策がいいのかを考えられるようになります。

家庭教師のメリット

家庭教師は1対1のマンツーマン指導。苦手な教科・苦手な単元などお子さまに必要な学習だけを指導してもらうことができるため、苦手対策に効果があります。お子さまの勉強の進み具合に合わせて問題の難度を調整することもでき、先生が隣に座っているため、すぐに質問ができます。"分からない"を"残さない"学習が可能です。
また、家で勉強しているので、保護者が積極的に学習内容に関われます。

家庭教師のデメリット

中学受験のための家庭教師は、先生個人の指導力と受験知識も重要になってきます。しかし、指導力と受験知識の両方を持っていて、お子さまに合う先生を見つけるには時間がかかることがあります。知らない人を家に招き入れることに抵抗を感じる方もいらっしゃいます。
また、集団塾と比べるとどうしてもコスト負担は大きくなります。

個々の対策なら個別指導もおすすめ

集団授業の補習や過去の単元の習い直しなどは、個別指導でも指導が可能です。近年の進学塾には個別指導を併設している塾も多くあり、集団塾の指導内容と進度を把握した上で、お子さまの学習範囲に合わせた個別指導が可能です。また、進学塾併設型の個別指導なら集団塾と情報を共有しているため受験知識も豊富です。何をどう対応していきたいのかを考え、選択していくとよいでしょう。

個別指導塾のビザビは1人ひとりの学習の悩みを解決します。

写真

栄光の個別ビザビでは、栄光ゼミナールの個別指導塾。苦手単元の克服など、1人ひとりの学習課題を解決できます。生徒に寄り添った指導で、どこで間違えたのか、悩んでいるところはどこかなどを把握、丁寧に指導します。
栄光ゼミナールと連携し豊富な受験情報も提供できます。
中学受験の学習でお悩みがありましたら、お気軽にご相談ください。

栄光ゼミナールは1人ひとりに目が届く少人数クラス

写真

栄光ゼミナールの私国立中入試対策コースは生徒1人ひとりに自信と意欲を持って学習を進めてもらうために、少人数指導にこだわっています。先生が、生徒1人ひとりの進み具合や、つまずきそうなポイントを把握し、対話しながら授業を進めるので苦手を作りません。
また、個別指導塾のビザビと連携。カリキュラム途中の入塾の場合は、未受講のカリキュラムをビザビで習うこともできます。
万全の状態で入試に挑んでいただけるよう、豊富な経験と実績をもとにサポートいたします。



 
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE