塾なしで中学受験は可能か?

 
塾なしの中学受験は可能か?

中学受験の勉強は小4から始めるのがベストだといわれ、その頃から塾に通い始めるお子さまが多いようです。しかし、塾なしで中学受験をすることはむずかしいのでしょうか?中学受験における塾の役割を考えてみましょう。

アイコン:パレット 目次

塾なしの中学受験は可能か?

お子さまの中学受験を考える際に、いつから塾に通うか悩まれる方は多いと思います。中には保護者の方が先生役となり、ご家庭で勉強を教えることで受験勉強することを考えている人もいらっしゃるのではないでしょうか?
今回は、塾が中学受験に合格するために、どのようなことをしているのかをお伝えしていきます。ぜひ参考にしていただき、ご家庭で対策できるかどうかをご検討ください。

中学入試のために塾が行っていること

塾では、【学習面】・【情報面】・【精神面】の3つの側面から受験生をサポートしています。

学習面のサポート

中学受験に必要な学力の強化

塾の最大のメリットは、やはり中学受験に必要な学力をつけられることです。小学校の勉強と中学受験の勉強は似て非なるもの。中学受験のためには「中学受験のための学習」が必要です。塾のテキストには入試に必要な単元が全て盛り込まれているので、お子さまの学力を入試対応レベルにぐっと引っ張り上げることが可能です。
また、中学受験では演習量の確保も必要です。塾では授業以外に宿題などの形で、演習量の確保を行います。たくさんの問題に取り組むことで、知識の引き出しを増やすことができ、考え方の幅も広がります。

志望校に対応した入試対策

図形問題が多く学校なら図形対策、面接試験が実施される学校なら面接対策など、志望校によって必要な対策は異なります。お子さまが受ける中学校の特徴を1つひとつ調べ、対策を考えていくはかなり大変です。塾では各学校の特徴がそれぞれ分析されているので、どのような対策をしていけばいいのかが分かります。また、塾によっては御三家や早慶附属中といった難関校に合格するための特別なクラスを設置しており、難関校に合格するための高度な授業を受けることもできます。

栄光ゼミナールでは中学入試で必要な知識を効率よく身につけられます。

photo

栄光ゼミナールの私国立中入試対策コースは、中学受験に必要な膨大な学習単元を、最適な順序でもれなく習得することができるようカリキュラムが組まれています。専用教材には、同じ分野を複数回学びながら少しずつレベルアップしていく「スパイラル方式」を取り入れているので、教材に沿って進めれば、中学受験に必要な知識が自然と身についていきます。
また、近隣の教室が合同で志望校別に実施されるゼミでは、同じ目標を持つ他教室の生徒たちと刺激しあいながらより実践的な演習を行うことで、更なるレベルアップを目指します。

精神面のサポート

中学受験の情報・知識が豊富

塾では毎年たくさんの合格者を送り出してきた経験や実績から、入試に関するデータをたくさん持っています。各中学校の特徴やお子さまの志望校の入試傾向などを教えてもらえるので、無駄な学習を省き、効率よく対策することができます。
また、中学受験では併願校の決め方も重要です。いきなり本命校の入試では精神的な負担が多く力を発揮できません。そのため、第一志望の中学校の受験前に合格を掴めるような併願校をアドバイスしてくれます。

定期的な模試で学力の把握ができる

塾では定期的に実力テストや模試を実施して、現在の学力の把握を行っています。定期的に教科別・単元別の知識の定着度や苦手分野を見つけていくことで、これからの学習に必要な課題が見えてきます。また、定期的に模試の結果を確認することで、学習計画の調整ができるため必要な単元の学習を強化するなど、お子さまにあった学習を効率よく行うことができます。
栄光ゼミナールにも上記に該当する模試がもちろんあります!中学受験用模試「アタックテスト」では、現在の実力や合格可能性を客観的に測定することが可能です。全国の塾生の中での位置づけや志望校の合格可能性を判定することができるため、モチベーションアップや学習方法の検証に役立てることができます。

栄光ゼミナールの講師は生徒とご家庭のコンサルタントです。

photo

志望校の決定の仕方、学習面での不安、中学受験では迷うことがたくさんあるものです。そんな時は、ぜひ栄光ゼミナールにご相談ください。豊富な受験情報や、多くの先輩たちの実績や実例、お子さまの成績や性格に合わせて最適なアドバイスをさせていただきます。

精神面のサポート

学習リズムができる。

自分でスケジュール管理ができる小学生はほとんどいません。
しかし、塾では毎週決まった日に、決まった教科の授業を受けます。そして、翌週の授業のために宿題や予習復習などをします。つまり、1週間のルーティーンに塾と宿題などの勉強が入ってくるため、自然と学習のリズムができ、一定量の勉強量の確保することで、学力の基礎ができるようになります。

クラスメイトなどと競争することにより、モチベーションがあがる

塾にはお子さまと同じように志望校合格に向けて頑張る仲間がいます。そして、お互いに一生懸命に勉強する姿をみて刺激しあう、よきライバルでもあります。
一緒に頑張る仲間がいることは、心強く塾に来るだけで勉強に対するモチベーションが上がるお子さまもたくさんいます。

栄光ゼミナールはお子さまのやる気に火をつけます

photo

栄光ゼミナールは少人数グループ指導で対話型の授業を行っています。少人数制なので、講師は生徒1人ひとりの表情を見て会話しながら授業を進められるため、進み具合の確認やつまずきそうなポイントを指導することができます。
お子さまの個性を把握した上で、1人ひとりに合わせた指導で学習意欲を引き出し、合格までサポートいたします。

塾なしでの中学受験は親の覚悟が必要!

塾の役割は勉強を教えるだけでなく、情報やお子さまの精神面の支えなど多岐にわたります。しかし、塾に通っていても「中学受験は親の受験」と呼ばれるほど、保護者の方のサポート無しで成立させるのは難しいものです。ですから、塾なしで中学受験をするには、保護者の方の知識・学力、情報収集力、計画性、そして時間をかける覚悟が必要となります。
もちろん、塾なしでも中学受験を成功させたご家庭もいらっしゃいます。しかし、もし不安を感じることがあるようであれば、塾通いをご検討されてはいかがでしょうか?

 
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE