お子さまに合う塾はどんな塾?中学受験のための塾の選び方

 
お子さまに合う塾はどんな塾?中学受験のための塾の選び方

初めての中学受験の場合、塾の選び方で悩まれるご家庭も多いのではないでしょうか。お子さまに合う塾を見つけるにはどういったポイントを確認すれば良いのでしょうか?

アイコン:パレット 目次

中学受験する時は、塾に入る必要があるの?

中学受験の現状から鑑みると、進学塾へ通うことをおすすめします。
中学受験に必要なカリキュラムは膨大です。一般的に小4から始めるのが良いといわれていますが、ご家庭で塾に通っている小学生と同じ対策を行うには、中学受験に必要な知識の総量を調べることから始め、様々な点で手間と時間が必要となることからも現実的ではないといえるでしょう。共働きのご家庭であれば、なおさらのことといえます。

お子さまに合う塾は?塾選びで確認したいポイント

それでは、中学受験をするにあたり、どのように塾を選んでいけば良いのでしょうか?

指導方法

まずは、指導方法をチェックしましょう。
塾には、大きく集団指導と個別指導の2つの指導形態があります。中学受験を目的する場合、集団指導が主流ですが、習い事などと並行していく場合は個別指導も選択肢の1つとして考えてもいいでしょう。
また、集団指導にも色々なタイプがあり、1クラスの生徒の人数が塾により様々です。大人数のクラス場合、クラスメイトとの競争心をあおることで、やる気が引き出される反面、講師の目が生徒全員に向きにくく、生徒も質問しづらくなる傾向があります。
そのため、栄光ゼミナールの私国立中入試対策コースでは少人数のグループ指導を採用。講師の目が全員に届くので、1人ひとりの表情を確認しながら授業をすすめ、手が止まっている生徒に声をかけることができます。また、会話型の授業を行っているので、クラスメイトの意見を聞くこともでき、思考の幅が広がり知識を深めていきます。

カリキュラムや宿題の量

写真

授業はどのような内容でどれくらいのスピードで進むのかを確認しておきましょう。また中学受験は、塾だけでなく家庭学習も必要です。
小学生のお子さまは、最初のうちは保護者の方の手助けが必要となります。カリキュラムの量が多かったり、授業の進度が早いと、ご家庭での学習量も多くなります。
お子さまの学習を保護者の方がどの程度見てあげられるかを考えておき、塾の宿題の量や家庭学習がどの程度必要かをチェックしておきましょう。

家からの距離

たとえ、人気の塾であってもご自宅から遠い塾はおすすめできません。通塾時間が長い場合、それだけでお子さまの体力を消耗しますし、保護者の方には送り迎えも負担になります。
栄光ゼミナールの教室は首都圏を中心に300教室以上。駅のそばにあるので、送り迎えも安心です。また、講師にいつでも質問できるので、授業の無い日でも毎日教室に来て自習する生徒もいます。塾が遠いと通うだけで時間のロスにもなるので、教室見学や体験をする場合には通塾環境を確認しておきましょう。

保護者とのコミュニケーション

写真

中学受験は、講師・生徒・保護者の3人4脚で挑むものです。
受験生本人はもちろんですが、保護者の方も不安や悩みが多くなります。また、講師と保護者の方の考え方や言うことがが違うとお子さまの混乱のもとになります。
講師と生徒はもちろんですが、保護者と講師のコミュニケーションがとりやすいかどうかは、重要なポイントだといえます。保護者会や面談があるか、送迎時に講師に声をかけやすいか、などを確認しましょう。

合格実績

保護者の方が一番気にされるのが合格実績かと思います。
御三家と呼ばれる難関校の合格実績を大きくアピールする塾も多いですが、見ていただく必要があるのは、お子さまの志望校の合格実績です。中学校の入試はそれぞれに個性がありますので、その塾は志望校の出題傾向を把握しているか、きちんと対策がとられているかなどを確認しましょう。

塾の体験学習は積極的に活用しましょう!

塾の資料や評判などで、塾の特性はつかめると思いますが、お子さまとの相性は授業を受けてみないとわかりません。
体験学習を受けて、授業の進度は早くないか、お子さまのやる気を引き出してくれるかなどを確認しましょう。また、お子さまが学習を楽しめるようにならないと中学受験は乗り切れません。お子さまの感想にも耳を傾けましょう。
さらに、体験学習を受けた際は、通塾環境も確認しておくといいでしょう。授業は夕方の場合が多いので、塾の周りも昼間と違った雰囲気になります。安全面の配慮がされているか、送迎はしやすいかなども今後の通塾の大切なポイントとなります。

評判や口コミはどう利用するか

評判や口コミは塾を検討するうえでの大事な指標になると思います。
しかし、お子さまの受験では塾に何を求めているか、何を目的にするかを考えた上で、人の意見だけに頼らず、実際に足を運ぶことが大切です。自習が出来るか、質問ができる環境か、お子さまの性格を鑑み塾を探していくことが必要です。

塾をどう利用するかを考えて、お子さまに最適な塾を探しましょう

写真

「塾にいれたから大丈夫」。そう思われる保護者の方も多いですが、それぞれの塾に個性あり、塾の活用方法も様々です。
栄光ゼミナールは少人数のグループ指導を採用し、講師が生徒1人ひとりと会話をしながら授業を行っています。中学受験の学習内容は、各教科とも範囲がとても広く、順を追ってきちっと理解を積み重ねていかないと、あるところからついていけなくなってしまいがちです。しかし会話をすることで、お子さまのことを理解し、表情をみることでつまずきそうなポイントを察知して対策を打つことができるのです。

カリキュラムは、同じ分野を複数回学びながら少しずつレベルアップしていく「スパイラル方式」を取り入れ、最適な順序で効率よく学べるように作られているので、知識が記憶に定着しやすくなります。
また、教室にはいつでも使える自習室があります。保護者の方が教えることが難しい教科も、自習室で勉強すればわからないところはすぐに質問ができるので、効率よく学習できます。
中学受験の塾をお探しの際は、栄光ゼミナールの指導を体験してください。

 
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE