第4回「中学受験の塾はいつから?保護者のお悩みQ&A」

"第4回 新小4(小3)保護者のリアルQ&A"    中学受験の塾はいつから?
保護者のお悩みQ&A

ますます多様化している中学受験。初めての経験、初めての問題に頭を抱えているのは子どもたちだけではありません。ここでは、学習塾の栄光ゼミナールで保護者の皆さまから実際にいただいたご質問・ご相談と栄光ゼミナールのお答えをご紹介します。

中学受験の塾はいつから?
こんな時どうしたらいいの?

中学受験をするかしないか迷っています。塾は通ったほうがいいですか?

中学受験は学習習慣がきちんと出来ているお子さまとできていないお子さまでは、大変さが違がってきます。現在のお子さまの学習状況にもよりますが、早いうちからの通塾をお勧めします。栄光ゼミナールならまずは私国立中入試対策コースで学習を進めて、その後、受験しないと決めたら公立中進学コース(高校受験を見据えた小学生向けコース)に移ることも可能です。例えば算数では、私国立中入試対策コースは小5の夏までに通常小学校で習う内容はほぼ履修を終え、それ以降は特殊算や入試演習に入ります。私国立中入試対策コースから公立中進学コースに移ることは十分可能ですが、その逆は学年が上がるほど厳しくなってしまいます。

中学受験の基本は、
備えあれば憂いなし

私立中学の入試では、小学校での学習範囲を超えた知識が問われます。私国立中学受験向けの知識は、あるに越したことはありません。受験するか、志望校はどこにするか、決めかねているときは、まず私国立中入試対策コースで選択肢を広く残しておきたいですね。

私立中学が第一志望だが、公立中高一貫校も併願したい場合の塾選びは?

私立中学の入試は、基本的に専門の勉強をしなければ合格はかなり難しいといえます。第一志望が私立とはっきり決まっているなら、私立中学向けのコースがある塾を選びましょう。ただし、近年は私立でも公立中高一貫校型(適性検査型)の入試を採用する学校が増えています。その場合は、公立中高一貫校対策コースの塾に通いながら、私立中学を受験することも可能です。 しかし、早くから志望校を決定するのは難しいですよね。栄光ゼミナールには私国立中入試対策コースと公立中高一貫校受検コースの両方あり、途中でコースを変更することも可能です。まずは、行きたい中学校の入試事情についてよく知ることが肝です。お近くの教室までお気軽にご相談ください。

受験について学校について、
どんなご相談でも
丁寧にお答えします
近くの教室を探す
お近くの教室の時間割・受講料など
詳しい資料を
無料でお届けします
資料を取り寄せる
タップで発信!
平日・土曜日は21時まで
ご相談受付中!
フリーダイヤルで相談する
0120-315-853

中学受験させたいけど、
算数だけどうしても不安です。

私国立中学への進学を志望していて、特定の教科に不安がある場合は、グループ指導と個別指導の併用をおすすめします。グループ指導で私国立中学受験に必要な範囲の学習をおこない、苦手な教科を個別指導で集中的に対策すると効果が出やすくなります。栄光ゼミナールの個別指導(栄光の個別ビザビ)は、教師1名に対して生徒2名まで。先生と隣り合わせで学べるので、いつでも質問ができ、グループ指導のフォローや宿題のサポートなど、お子さまの学習状況に合わせて、苦手単元だけ効率的に演習し、克服することが可能です。

低学年です。中学受験をするなら塾はいつから通うべきですか?

中学受験をするなら対策は小4からといわれていますが、低学年のお子さまは、家庭学習の習慣がついていない方がほとんど。そのようなご家庭の方は、小4からの宿題の量に圧倒されることと思います。小4からの通塾を検討されているならば、小4に上がるまでに、1日15分でも30分でも机に向かう習慣をつけたいところですね。
栄光ゼミナールでは低学年のうちから、学習習慣をつけるジュニアコース(小2・3)の通塾をお勧めしています。低学年指導の専門的な研修をうけた、ジュニアコース専任教師が指導します。まずは週1日のジュニアコースで塾の雰囲気に慣れつつ、正しい学習姿勢を身につけてみませんか?

今のところ受検は考えていないが、適性検査対策の内容に興味があります。

ぜひ栄光ゼミナールの公立中高一貫校対策コースを受講ください。大学入試改革のニュースなどでも報道されているように、今後は大学入試や高校入試でも、記述式を中心に「思考力」「表現力」「判断力」などを問う適性検査型のテストが主流になります。これは、21世紀型を生き抜いていける人材を育てるための教育改革の一環です。栄光ゼミナールの公立中高一貫校対策コースでは、そういった力を身につけるにはぴったりです。時代背景とお子さまの将来を考えたとき、適性検査対策は、人生を通じて役に立つ力を養うための絶好の機会になります。

もっと知りたい中学受験!
栄光ゼミナールの学習プラン

まずは1教科から始められますか?

はい、可能です。栄光ゼミナールでは1教科/週1日より通塾していただけます。例えば、塾に慣れるまでは算数のみを受講し、ペースがつかめたら国語・理科・社会を追加で受講する、ということも可能です。もちろん、できるだけ小4から4教科で学習することが望ましいのですが、いきなり大きく生活リズムを変えると慣れるのに苦労することも間々ございます。志望校合格に向けて今後どのように学習を進めていけば良いかは、担当教師から丁寧にご説明させていただきますので、不安なことがございましたら、教室までどうぞお気軽にご相談ください。

家庭学習や塾での学習プランについて、
どんなご相談でも
丁寧にお答えします
近くの教室を探す
お近くの教室の時間割・受講料など
詳しい資料を
無料でお届けします
資料を取り寄せる
タップで発信!
平日・土曜日は21時まで
ご相談受付中!
フリーダイヤルで相談する
0120-315-853

受験直前期の志望校別の対策について教えてください。

栄光ゼミナールの中学校別対策講座は、主に男女の各御三家中学校(開成、麻布、武蔵、桜蔭、女子学院、雙葉)と、公立中高一貫校が中心です。また、私立難関校を志望するお子さまを対象に、小5から認定制の難関選抜ゼミを開講し、通常授業とは別に、難易度の高い学習を行っています。
さらに直前に志望校に特化した学習を行いたい場合は、個別指導との併用をおすすめしています。個別指導ではオーダーメイドのカリキュラムで、志望校の過去問を中心に対策を進めることができます。

公立中高一貫校対策コースでは、どんな教材を使いますか?

栄光ゼミナールは、首都圏の学習塾の中でも最も早く公立中高一貫校の専門コースを設置しました。公立中高一貫校対策コースでは、コース開講時より蓄積してきた豊富なノウハウを詰め込んだオリジナルテキスト「公立中高一貫校対策問題集 文系・理系」を使用して学習します。これまでの適性検査の出題内容を網羅・分析し、出題傾向に沿ったカリキュラムを組み立てています。適性検査を解くための思考力や表現力、発想力のもととなるのは、もちろん基礎学力です。その基礎学力を固めるために、公立中進学コースでも使用する教材「標準新演習」も並行して使用します。

公立中高一貫校が第一志望です。小4から対策するには?

現在、お子さまに、十分に基礎学力がついていれば、小4のうちは公立中高一貫校が第一志望でも私国立中入試対策コースで幅広い知識を身につけることをおすすめします。一方で、基礎学力に不安がある、また家庭学習が習慣になっていないお子さまは、公立中進学コースで基礎学力と学習習慣の定着を図るのが良いでしょう。その上で、小5から公立中高一貫校対策コースに進みましょう。どうぞご安心ください。

公立中進学コースの学習は、学校の勉強とまったく同じですか?

基本的に、学校教科書のカリキュラムに沿ったテキストを使用し、学習します。ただし、中には難易度の高い問題も含まれますので、お子さまの学習意欲や理解度が高ければ、学校での学習内容を超えた問題にもどんどんチャレンジすることができます。 カリキュラムは、学校より1~2カ月ほど早いペースで進むので、学校の授業を復習として受講でき、より理解を深めることが可能です。もちろん、講習ごとにしっかりと復習の機会をもうけますので、知識や解法の定着もバッチリです。

どうしようかお迷い中の皆さま、
まずは資料請求をどうぞ

資料請求(無料)

栄光ゼミナールの実際の授業を受けてみる

体験学習のお申し込み

中学受験コース(私国立中入試対策)、公立中高一貫校対策コース、をグループ指導・個別指導で1回無料で体験できます。

グループ指導

受講料・教材費: 無料
※ご希望のコース・教科を体験できます。
※初めての方のみ

個別指導(教師1人:生徒2人)

受講料・教材費: 無料
※1教科1回80分無料(最大2教科まで)
※初めての方のみ

関連記事

私立?国立附属?公立中高一貫校?中学受験の学校選び?
中学受験の勉強はいつから?小4がベストといわれる理由とは?
中学受験と習い事の両立は可能?親が考えるべき選択とは
偏差値に惑わされない!合格者から見る中学受験準備と志望校の決め方
共働き家庭でも中学受験は可能!
中学受験は併願校が鍵!併願校の決め方と受験日程の組み方のポイント
中学受験で伸びる指導方法
注目!大学入試改革。小学生のうちから準備しておきたい新しい学力とは?
公立中高一貫校とは?適性検査の内容と私立との違い
プロが教える中学受験【算数】の勉強法!
プロが教える中学受験【国語】の勉強法!
プロが教える中学受験【社会】の勉強法!
プロが教える中学受験【理科】の勉強法!

 
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE