栄光ゼミナールの中学受験対策 栄光ゼミナールの中学受験対策

中学入試を突破する、本当の合格力を。

学校とは違う多くの単元学習が必要な中学受験。栄光ゼミナールなら専用のカリキュラムで順序良く学習を進められます。また教師と生徒の距離が近い指導で、きめ細やかにサポート。ご家庭とじっくり話し合いながら、お子さまに最適な学習プログラムで中学受験対策ができます。

栄光ゼミナールの授業の様子をご覧いただけます

  • 中学入試準備コース小3小4

    中学入試に必要な学習内容を基礎から学ぶコースです。毎日の学習習慣を身につけ基礎学力の完全な定着を図ります。

    詳しくはこちら
  • 私国立中入試対策コース小5小6

    先生との距離が近い少人数クラス。教師は1人ひとりの習熟度をしっかり把握しながら指導いたします。生徒同士の意見交換も活発。

    詳しくはこちら
  • 公立中高一貫校受検対策コース小5小6

    さまざまなテーマの問題を網羅できる専用教材・カリキュラムで適性検査対策を行うコースです。通常授業で学校内容と適性検査対策の基礎学力を積み上げ、季節講習ではその学習内容を再確認し、通常よりも長い授業時間の中でより発展的な内容にも取り組みます。Z会の作文コースや夏期特別講座、ゼミも充実。

    詳しくはこちら
  • 志望校別対策ゼミ小6

    難関校の入試問題は独自の出題傾向を持ち、高度な学力と完成度を受験生に求めています。志望校別対策ゼミでは、通常授業に加えて、担当講師陣が作成したオリジナル教材を使って、最難関校の入試問題に対応できる力をつけるための学習を行います。

    詳しくはこちら

時間割・曜日を選べる先生と隣り合わせで学べる

なら
栄光の個別ビザビ!

栄光の個別ビザビはこちら
    • 自習や家庭学習までサポート

      • 動画で復習、苦手プリント生成
        CATS@HomeCATS@Home

        家庭学習や苦手克服を強力にサポートする栄光ゼミナールのweb学習システムCATS@Home。より便利なiPad での活用をおすすめしています。
        詳しくはこちら
      • いつでも使える自習室
        「i-cot」「i-cot」

        中学受験の成功には、生徒自身がすすんで学習する習慣が大切です。自宅では集中しづらい生徒にも好評なのが栄光ゼミナールの自習室i-cot。授業のない日も利用でき、自発的な学習姿勢作りに役立ちます。

中学受験 よくある質問 Q&A

中学受験か高校受験かで迷っています。
お子さまの学習状況にもよりますが、基本的には、私国立中入試対策コースで学習を進めていただき、中学受験をしないことが決まった時点で公立中進学コースに移っていただくことをおすすめいたします。
例えば、算数では小5の夏までに小学校で習う内容はほぼ履修を終え、特殊算や入試演習を行うようになります。私国立中入試対策コースから公立中進学コースへ移ることは十分可能ですが、その逆は学年が上がれば上がるほど厳しいことになるためです。
栄光ゼミナールの進路指導は、中学受験・高校受験・大学受験と、どのタイミングでも、「自分のトップ校に行こう」を大切に、その子が一番伸びるのはどの学校か、未来を見据えた時に進むべき学校はどんな学校かということを考えた進路指導をしています。中学受験をするかどうかについても、とても大切な選択です。お悩みの際は、お近くの教室へぜひ相談にいらしてください。

コースの詳細はこちらをご覧ください
私国立中入試対策コース
公立中進学コース
中学受験対策はいつ始めるのがベストですか?
中学受験対策のスタートは、小4にあがる直前、小3(新小4)の冬期講習からをおすすめします。
小3(新小4)の2月から中学受験のカリキュラムがスタートし、小4(新小5)の2月頃からより本格的な中学受験向けの学習が始まりますが、算数はここを境に難易度が上がり学習量も増加します。算数の学習に1週間の学習時間の8割ほどを使うイメージです。そうなった時、すでに4教科での学習リズムができているお子さまと、小4(新小5)から何もかも初めてスタートするお子さまの差はとても大きいものとなります。特に学習習慣がついていない・通塾リズムに慣れていないという状態からのスタートですと、お子さまには突然大きな負担がかかります。少しずつでも小3(新小4)の冬期講習時点から始めていれば、一定量の宿題に取り組む習慣が身につき、また1週間の学習サイクルも作られるので、小4(新小5)からの本格的な受験学習にも、よりスムーズに入っていくことができるのです。
公立中高一貫校と私立中学校は、どう違うのですか?
公立中高一貫校も私立中学校も、指導方針や校風がそれぞれ異なります。一般に、私立中学校は建学の精神の上に指導方針が位置づけられ、独自の指導カリキュラム・学校行事など「校風」が強調されています。
同様に、公立中高一貫校も一様というわけではなく、それぞれの学校に目標があり、その目標に向けて指導カリキュラムが組まれています。また、高校受験がない、授業料が公立の中・高と同じであり、近年では大学進学でも高い成果をあげていることで、より一層の注目をあびています。入学に当たっては、私国立中のような学力試験ではなく、作文や面接などを含めた適性検査が行われます。
公立中高一貫校について詳しく知りたい方はこちらからご覧ください。
両親が共働きで、勉強を見てあげる時間がありません…
ご家庭にはできるだけ負担をかけない指導が栄光ゼミナールの方針です。わからない問題があればぜひ塾に質問に来てください。塾の無い日も毎日学校帰りにi-cot(自立学習室)へ自習に来て、お仕事が終わった後にお迎えに来た保護者の方と一緒に帰るお子さまもいらっしゃいます。ご家庭で教えるのではなく、保護者の皆さまには、応援するスタンスでお子さまの背中をそっと押してあげる気持ちで臨んでいただければと思います。
受験のためには、習い事はやめるべきでしょうか?
栄光ゼミナールには、水泳やピアノなどの習い事と両立しながら通塾している生徒がたくさんいます。受験直前期だけはお休みするけれども、それまではやめずに続けるというお子さまもいます。栄光ゼミナールは、そうやって習い事との両立をするお子さまを応援する雰囲気がある塾です。
例えば、習い事とグループ指導の時間割が合わなければ、その教科だけ個別指導で都合の良い曜日に受講することができるのも栄光ゼミナールの特長です。理科・社会はZ会の通信教育を使ってご家庭で学習するという選択肢もあります。お子さまの状況に合わせて担当教師が最適な学び方をご提案いたします。どうぞお気軽にご相談ください。

先輩たちの中学受験 合格体験談

M.G さん 小6

[2019年度合格] 世田谷学園中

詳しく見る

Y.N さん 小6

[2019年度合格] 獨協埼玉中

詳しく見る

T.S さん 小6

[2019年度合格] 浦和ルーテル学院中

詳しく見る