MENU

少人数グループ指導と個別指導 どちらも学べる学習塾 栄光ゼミナール公式サイト

 
point1

入学準備Q&A

落ち着いて先生の話を聞き、理解できるのか心配。学習を毎日の生活習慣としてうまく組み込めるかしら... 保護者の方の不安や知りたいことは本当にさまざま。そこで、昨年、「新1年生入学準備プログラム」に参加した保護者の方からいただいたご質問に、栄光ゼミナールの低学年指導担当教師がお答えします!
 

1. えんぴつの持ち方

鉛筆の持ち方に変な癖がついてしまって、いまだに上手に書けず、少し不安を感じています。

持ち方が崩れてしまうのは、筋力も発達段階で、鉛筆を支える力の加減が難しい年齢ためで、焦らなくても大丈夫です。本格的な学習が始まる前に、正しい持ち方を先生と確認しましょう。なぞり書きの練習をすることで、持ち方も安定してきます。

 
 

家族内で子どもだけが左利きのため、鉛筆の持ち方を教えることが難しく、困っています。

左利きのお子さまは、鏡文字になったり、筆順が逆になることが稀に見受けられます。お子さまは左手で作業することがやり易いと感じているので、「鉛筆の正しい持ち方」「文字には筆順がある」ということを理解すれば、左利きでも難しいことはありません。筆順に注意してあげると良いでしょう。敢えて無理に矯正する必要もありませんが、鉛筆の持ち方用ツールやはさみは左利き用を利用することをお勧めします。

 

2. ひらがな、かたかな

ひらがな、カタカナの読み書きが心配です。

年長のこの時期、文字の読み書きは月齢によって差があります。まだすらすら読めなくても大丈夫。先生と一緒に「文字を追う・読む」練習をしていきましょう。入学前までに「ひらがなを読める」「自分の名前をひらがなで書ける」ようになれば、小学校の学習も安心ですね。

 
 

字を書くことに興味はありますが、鏡文字になってしまうのが気になります。

鉛筆の持ち方も慣れていないこの時期、まずはなぞり書きの練習をしていきましょう。なぞり書きをして文字の形を覚えていきます。楽しくなぞり書きをスタートしましょう。

 

3. 家庭学習

学習を毎日の生活習慣としてうまく組み込めるかどうか心配です。

「宿題は毎日行うもの」として、お子さま自身が自立して取り組んでくれると保護者の皆さまも嬉しいですよね。そのためには、日々の小さな成功体験の積み重ねが大切です。毎日3~5分で構いません。今日の分をやり切るという成功体験を重ねていくと、学習することが当たり前になってきます。学ぶことが楽しいと感じてもらえるよう、栄光ゼミナールの宿題は達成感を持ちやすく作られています。

 

妹がいて、家では集中して学習に取り組めないのが気になっています。

ご兄弟・姉妹がいると、静かな学習環境を作ることはとても難しいですね。栄光ゼミナールでは、各ご家庭に合わせて学習方法を提案させていただきますので、ぜひお近くの教室までご相談ください。また、栄光ゼミナールにはi-cotがありますので、学校帰りの時間を有効的に活用し、学校の宿題や塾の課題などを行うことができます。そのような場所の活用も選択肢の1つとしてご検討ください。
★お近くの教室を探す

 

進学予定の小学校は宿題があまり出ないと聞いており、どのようにフォローしていくべきか教えて欲しい。

学校により、宿題の量は様々です。実際には宿題は量ではなく、何をどう行うかがポイントですので一概に「少ないので不安」とは言い切れません。しかし、学習したことを定着させるためにはある程度の練習が必要です。学校以外で学習する習慣を作るためにも、復習できる機会を設けることをおすすめします。また、低学年は習い事があることも多いでしょう。一週間の学習ペースを塾の先生と一緒に組み立てることも可能ですよ。

 

4. 子どもの性格

わからないとすぐにあきらめモードになってしまう。他の事に気が散りがち。
間違うとやる気をなくしてしまう。

学習面だけでなく、生活面も含め、「好きなことは楽しい!」「嫌いなことはしたくない」というのが、低学年のお子さまの特徴です。はじめてのことも「楽しい!」と思えたら、どんどん自分から進んで行うようになります。「失敗させるのが怖いから、失敗しないようにする」と大人が先回りをすると、お子さまの成長機会を逃してしまうこともあります。私たち栄光ゼミナールでは、お子さまの結果を誉めるのではなく、がんばった過程を誉める指導でやる気を引き出します。

 

本などはとても好きなのですが、内容を理解できているのか心配です。

内容を理解するためには、文字を認識できることが必要です。入学前のこの時期は、言葉と文字の定着が曖昧なので自分ひとりで「読む」ことはまだ難しいかもしれません。創造力を働かせ、本の世界を楽しむことは小さな学年からでも経験出来ること。
まずは、読み聞かせで本の楽しさを知り、入学後、ひらがなで書かれている絵本を(ふりがなが振ってあるもの)音読をすることから始めましょう。
11月には先生と一緒に絵本を読み進める「はじめてのこくご」もありますので、ぜひご参加ください。
★はじめてのこくごのお申し込みはこちら

 

5. 小学校生活

落ち着いて先生の話を聞き、理解できるのか心配です。分からないこと困ったことを先生に恥ずかしがらず聞けるのか心配です。

お悩み相談でよく出るご質問です。小学校に入るとクラス人数が増えます。人数が多い分、先生も全員一斉に声をかけるので、先生の話がちゃんと聞けるかがとても大切。そのためにも、まずは、「聞く姿勢」作り。先生がお話ししている間は、手は膝の上、おしゃべりをしないで先生の顔をよく見ること。保育園や幼稚園でも行っているこのお約束はとても重要です。
栄光ゼミナールの「新1年生入学準備プログラム」では、9月、11月、1月と実施する授業の中で、「お話を聞く」練習を行います。話が聞くことが得意になりたいという方はぜひご参加ください。
★新1年生入学準備プログラムとは?詳しくはこちら

 

6. 進路

中学受験を考えており、どのように対応していけば良いのか、今から準備できることがあるのか知りたいです。

将来伸びるお子さまは、思考力・判断力・表現力を持っているお子さまです。そのような「考える力」を養うためには、テストで100点をとる訓練よりも、いろいろな経験を積むことがとても大切。身の回りにあるものや四季に興味を持ち、ご自宅の外へ出て自然や社会と触れ合いましょう。
中学受験(受検)に関しては、塾の先生は専門家です。不安なことは、お近くの教室までどうぞお気軽にご相談ください。
★お近くの教室を探す

 

新1年生入学準備プログラムのご案内

「小学校ってどんなところ?」「何を勉強するのかな?」お子さまが自信を持って入学の日を迎えられるように、栄光ゼミナールの教室で準備を始めませんか?
 

栄光ゼミナールの「新1年生入学準備プログラム」は月1回のプログラム。9月・11月・1月の各月に1回、無料でご参加いただけます。低学年専門スタッフによる丁寧な指導で、お子さまの入学準備を応援します!
★詳しくはこちら