MENU

少人数グループ指導と個別指導 どちらも学べる学習塾 栄光ゼミナール公式サイト

定期テスト対策が重視される理由とは

「中間・期末の点数で成績がつく」
各教科の先生が1人ひとりの成績をつけるとき参考にする資料は、定期テスト、実技テスト、作品や提出物、授業態度などです。
特に、英数国理社では定期テストの結果がいちばん大きく影響します。中間・期末テストの点数でだいたい成績がきまり、他の項目は調整に使われるのが普通です。
「高校受験を左右する内申点」
学期ごとの成績の積み重ねで1年間の評価が決まります。そして各学年の9教科の成績=内申が、高校入試のときに合格不合格を決める資料として使われることになります。特に内申が重要なのは、公立高校入試です。成績が足りないと、自分が行きたい高校を受験もせずにあきらめなければならないこともあります。もうひとつ、私立高校が実施する推薦入試では、各高校が決める学校の成績の基準を超えていないと、出願することができません。このように、定期テストの成績は高校入試に大きな影響を与えます。

成績が上がる。
栄光ゼミナールの定期テスト直前対策のポイント

テスト2週間前からスタート!
計画的に学習できる「学習計画表」

「学習計画表」は、お子さまが通っている学校のテスト勉強でやるべき範囲が1枚でまとまった、お子さま専用のプリントです。担当の教師がテスト2週間前に配布しますので、それにしたがって学習を進めていきます。
学習した日時をチェックしながら進めていきますので、テスト勉強が計画的に効率よく進められます。
テストが終わった後には、テストの得点や振り返りのコメントを記入します。栄光ゼミナールの教師は、それを基に生徒面談し、次回のテストに向けての改善点を確認していきます。

学校の教科書に完全準拠した教材
「教科書ワーク」

各学校の教科書出版社ごとに対応した『教科書ワーク』。豊富な練習量を確保するとともに、「重要事項の整理」「思考力・表現力強化」にも取り組める教材です。
「学習計画表」にやるべき範囲が示されているので、必要なページの演習を進めていきます。
また、単元確認テストも付いていますので、理解度を把握することができます。単元確認テストは基礎から応用的な内容まで幅広く出題されています。

*上記出版社以外の教科書をお使いの場合は、教室までご相談ください。

苦手なところを何度も繰り返し学習「CATS@Home」
何枚もプリント作成でき、何回も視聴できる!

CATS@Homeは、栄光ゼミナールで学ぶ塾生専用のウェブサイトです。定期テスト出題範囲に合った「単元確認テスト」を行い、理解不足を見つけます。その後、「単元確認テスト」の結果をCATS@Homeに入力すると、間違えた問題の類題を集めたお子さま専用の復習プリント「個別確認テスト」が出力されます。
これを全問正解するまで演習し続けることで、効率よく反復学習でき、知識を定着させることができます。
また、CATS@Homeには、授業や教材だけではわかりづらい理科の実験動画もありますので、さらに理解を深めることができます。

定期テスト対策、通常授業を体験できます。
お気軽にお申し込みください。
 

体験学習について知りたい

総合入塾案内、教室ごとの授業時間などの資料をご送付させていただきます。
お気軽にお申し込みください。

資料請求はこちら

他にもあります! 成績が上がるポイント

達成すべき目標が明確になる「自己ベスト」

お子さまの成績アップには身近な目標の達成を積み重ねていくことが大切。栄光ゼミナールでは、お子さまが教師と一緒に目標を考えて設定する自己ベストというプログラムがあります。
「次回の定期テストで10点up」「平均点を5点アップする」など、定期テストでどんな目標を達成するかが明確になり、目標達成に前向きに取り組めます。

教師に質問もできる自立学習室「i-cot」

授業のない日にもお使いいただける自立学習室「i-cot」がすべての教室に設置されています。
テスト1周間前になると多くの中学生が定期テストの勉強をするためにi-cotを活用しています。疑問点はすぐに教師に質問して解消することができます。
普段の学校の宿題など自分だけの課題に取り組めますので、自立学習習慣の確立にも役立ちます。

学校の成績を進路指導に活かす「成績管理」

栄光ゼミナールでは、お子さま1人ひとりのカルテを作り、個々の学習状況を管理しています。
塾での成績だけでなく、学校の定期テストの得点、内申点、観点別評価も入力します。これらのデータを基に、保護者面談にて、お子さまの進路指導を行なっております。

教科担当が解説! 各教科の学習ポイント

数学

テスト範囲内の問題を全部解けるようにする

数学は過去の単元を積上げて学習していく教科になりますので、一つひとつの単元を確実に習得していくことが大切です。また、計算ミスが多いと学年が上がっても影響し続けてしまいますので、計算量をこなし自分のミスしやすいところを意識してクセをなくすことも必要となります。数学の定期テスト対策のポイントは、教科書ワークの演習を進めながら、苦手分野を着実に身につけ、範囲内の教科書・問題集のすべての問題を自力で解けるようにすることです。

英語

書いて読んで聞いて英文を完全理解

教科書の英文を完全に自分のものにすることが大切です。そのための手段として、英文と日本語訳、リスニングを重ね合せる勉強方法があります。聞きながら英文を追い、日本語訳を追う練習を繰り返すことによって、文字と音と意味が完全に頭の中で一体化する状態を目指します。教科書ワークには、日本語訳、英作文など段階的に慣れていくための多彩な形式の練習問題がそろっています。繰り返し学習することによって応用力を身につけましょう。

国語

ワークを最大限に活用しよう

定期テスト対策において、国語こそ教科書ワークが主役となります。定期テストで出題される問題は、教科書に載っている文章から出題されることが多いです。教科書の文章に基づいた出題をする教科書ワークなら、その文章に合った出題ポイントなどが的確に押さえてあるので、直接得点につながる対策を打つことができます。実際の定期テストでも教科書ワークとよく似た問題が出ることが多いです。

理科

暗記に頼り過ぎずにしっかり理解しよう

物理・化学分野では、公式をまずきちんと覚え、教科書ワークで繰り返し問題を解くことで、問題を解答する力につながります。生物・地学分野では、用語を単に暗記するのではなく、その用語がどんな意味を持っているのかを理解しながら学習すると思考力が身につきます。それによって図や資料を使った問題もスムーズに解けるようになります。

社会

資料に見慣れる。目で覚える

社会の勉強は文章以外の、目で見る資料類が多いのが特徴です。それに逆らわず、資料や図を主役に勉強を進めることが大切です。たとえば地理では、常に地図の上に知識を重ねていくようにすると覚えられるし、地図上でいろいろな関係が見えてくるようになり、地理に強くなります。歴史では50年、100年単位にて、大きな時代の流れをとらえます。そしてその区切りの中で出来事を見ていくようにします。また、社会のさまざまな制度を理解しなくてはならない公民では、モデル図を描いたり見たりすることがとても有効です。

成績アップには普段の学習が大切です

定期テスト対策は、付け焼刃で直前だけがんばっても、その後の高校入試で発揮できる実力は身につきません。普段の学習からいかに学力を身につけられるかが大切です。
栄光ゼミナールの指導は、学校よりも少し早いペースで学習を進める先取り学習のため、学校の勉強に余裕が生まれ、定期テストでの成績向上が期待できます。教材やカリキュラムは、その学年で必要なすべての単元を順序良く確実に学びますので、学び漏れがありません。
また、学習システムALPSによって自然に反復ができるのも大きな特徴です。

栄光の授業を体験できます

  • グループ指導4回 通常の授業を体験いただけます。 受講料:無料、教材費:2,100円(1教科につき) ※ご希望のすべての教科を体験できます。
  • 個別指導(1:2指導)80分×4回 教師1人に生徒2人の個別指導です。 受講料:1講座4,200円 ※2講座まで体験できます。
    ※教材が必要な場合は別途ご購入ください。
体験学習を申し込む

・専用フォームから学習についてのご要望をお聞かせください。
・受講料・時間割のご案内も無料でお送りいたします。

無料パンフレットをお届け


  • 栄光ゼミナール
    総合入塾案内
    指導の特徴やカリキュラム・講習スケジュールをご確認いただけます。

  • 受講料・授業時間の
    ご案内
    教室ごとの情報がご確認いただけます。
資料請求はこちら

※上記資料は一例です。
時期、学年、地域によって若干異なる場合がございます。