MENU

グループ指導と個別指導 どちらも学べる学習塾 栄光ゼミナール公式サイト

生徒体験談(※学年は取材当時のものです)

  • 公立中高一貫校受検対策
  • グループ指導

先生が丁寧に添削してくれたので、難しい適性検査問題も解けるようになりました

Y.Tさん

千葉県立東葛飾中合格 南柏校 公立中高一貫校対策コース(算数・理系、国語・文系)

小6

栄光ゼミナールに入ったきっかけを教えてください。

もともと東葛飾高校に憧れていたのですが、小5のとき、新しく中高一貫校の東葛飾中ができたことを知り、ぜひ受検したいと思い、塾に通うことにしました。栄光を選んだのは、少人数の授業なので先生と積極的に話せるのがいいなと思ったから。実際授業を受けてみると、先生にも質問しやすいし、同じ学校を目指す友だちもできたので、楽しく通えました。

志望校合格に向けてどのように受検勉強を進めていましたか。

作文はもともと得意でしたが、テーマに沿って書くのがちょっと難しかったので、Z会の作文コース※を選択しました。「要点をまとめて書く」ということを教えてもらい不安なところを克服できて、おかげでさらに作文が楽しくなりました。
自立学習室i‐cotもよく利用しました。まわりに余計なものがない分、気が散らないし集中して勉強できるところがよかったです。


※Z会の添削のプロが丁寧に採点した答案を、指導のプロである栄光ゼミナールの担当教師がアドバイスを添えて返却します。

受検勉強に本格的に力を入れるようになったきっかけはありますか。

夏期集中特訓「栄光の森」※で、東葛飾中に合格した先輩の話を聞く機会があり、勉強方法や学校のことなど、いろいろお話を聞くことができました。それがとても参考になり、やる気も出ました。また、違う教室の人とも知りあえて、頭のよい子がたくさんいることがわかり、「私ももっと勉強しなくては!」と刺激を受けたことも大きかったと思います。


※首都圏の公立中高一貫校受検志望者が集う夏期集中講座

志望校別対策などで大変だったことはありますか。

東葛飾中の過去問は難しい問題が多くて、最初かなり間違えてしまいました。でも、先生に丁寧に添削してもらい、繰り返し解いていったらだんだん1人で解けるようになりました。学校別適性検査対策ゼミ※も難しい問題が多かったのですが、先生が丁寧に解説してくれるし、休み時間には友だちと答え合わせしたり、わからないところを教えあったりして乗り越えました。


※志望校ごとに受検に直結する知識を確認し実力を磨く演習ゼミ

公立中高一貫校に進学後も栄光に通い続けていますが、その理由を聞かせてください。

受検を通して栄光ゼミナールで学び、いろいろなことを知ることによって希望の学校に合格できました。中学に入っても、勉強が苦手になってしまうのは嫌なので、今までと同じように、栄光でいろいろ学んで力を蓄えたいと思いました。私が入った東葛飾中は授業の進度が早いので、個別指導の数学を受講しています。学校のカリキュラムに合わせて教えてもらえるので助かっています。

南柏校の出口先生より

Y.Tさんは“東葛飾中に行きたい”という気持ちがとても強かったですね。テストの成績が悪いときでも全くぶれない。その気持ちが、勉強が大変になったときも心の支えになっていたのでしょう。私たちも、彼女の強い意志を感じ、全力で応援しました。とてもしっかりしているので、手がかかったという印象は少ないですね(笑)自立学習室 i‐cotも積極的に利用していました。これからのがんばりも期待しています。


写真左から;Y.Tさん、南柏校出口先生

一覧に戻る