MENU

グループ指導と個別指導 どちらも学べる学習塾 栄光ゼミナール公式サイト

生徒体験談(※学年は取材当時のものです)

  • 高校受験対策

自立学習室i-cotを利用して、勉強時間を確保できました。

竹内 悠生さん

都立西高合格 ひばりヶ丘校 高校受験コース ※2016年3月取材時

中3

栄光ゼミナールにはいつ入ったのですか?

小6の1月から「中学入門講座」を受講し、そのまま通塾し始めました。英語と数学の2教科の受講です。

中1の時から勉強は怠りなくできましたか?

体力に自信がなくて、部活動が終わった後の授業は結構ふらふらだったのですが、せっかく塾通いしているのに寝てしまうともったいないので(笑)、がんばって聞いていました。宿題は土曜日・日曜日にまとめてやっていたと思います。
1年の秋ぐらいに数学の先生が「金曜日は自立学習室i-cotの日だ」といきなり言い出して(笑)、みんなに来るよう強く勧めました。それで、まあ行くかということになりました。
2年になると、今度は英語の先生も水曜日に来いと(笑)。宿題の他に精選問題集をやったりしていたので、そういうのが効いていたかもしれないですね。

教科の得意・不得意などはありましたか?

それほど差はありませんが、数学は計算は自信があって、あとは図形をやりこんでいけばという感じでした。国語は記述はあまり好きではなくて、選択式の方が自信がありました。模試などではいつも点数は取れていたので、一応得意教科になると思います。
栄光ゼミナールで受講していた英数国は、授業で勉強するから先生の指示どおりにやっていればある程度できるようになっていきます。

中3の夏はどのように勉強しましたか?

3年の夏からは真剣にやらなくてはという気持ちで、夏は高校の説明会のある日以外は毎日栄光ゼミナールに来て、ものすごく勉強しました。
英数国は、夏期講習の授業がたくさんあって課題も多かったので主にそれをやっていました。あとは夏の合宿「栄光の森」で5科コースに参加する予定でしたので、その準備で理社もやり始めました。

夏の合宿「栄光の森」は参加してみてどうでしたか。

最初に行われるスタートテストで5科で7番になれて、理社にも少し自信がつきました。でも授業が始まると、僕の知らない言葉、わからない説明をあたりまえのように理解している人たちがいてあきれていました(笑)。その経験があったので、秋の難関選抜ゼミの理社は本当に真剣に勉強しました。

中3の秋以降はどんな学習をしていましたか?

中心は過去問です。やり進めてみて、早稲田系はかなりとれるので大丈夫そうだなと思いました。開成と筑波大附属はそうはいかなくて、筑附の数学なんかは最後まで50点もいきません。絶望的で気持ちはチャレンジャーという感じです。少しでも上げていくために、毎日必ず過去問をやることにして、繰り返し解いていました。
気になっていたのは、ケアレスミスです。今に始まったことじゃないですけど、本当に低レベルな凡ミスが多くて、自分でも不安だし、先生たちにも「もう少し落ち着いて注意深く解くように」と言われていました。

最後に、後輩にアドバイスを送るとしたら?

入試前は誰でも緊張して、自分の勉強は足りているのかと不安になります。
そういうときは勉強しましょう。ぼくはそれで気分が落ち着きました。漫画を読むのも試してみましたが、吐き気がして逆効果でした(笑)。
逃げない方がいいです。

一覧に戻る