MENU

少人数グループ指導と個別指導 どちらも学べる学習塾 栄光ゼミナール公式サイト

生徒体験談(※学年は取材当時のものです)

  • 公立中高一貫校受検対策

算・国の基礎的な学力と適性検査対策の記述力をつけて、合格!

U.Rくん

千葉県立千葉中合格 津田沼校 公立中高一貫校対策コース ※2016年3月取材時

小6

栄光ゼミナールに入ったのはいつですか?

小5の10月です。それまでやっていた通信教育のチラシで公立中高一貫校の適性検査の問題を見て、おもしろそうなのでチャレンジしてみようと思いました。いろいろな塾の体験授業を受けた上で栄光ゼミナールを選んだのは、勉強だけを押し付ける感じではなくやわらかい雰囲気で、ここなら勉強が嫌になることはないだろうと思ったからです。

授業はどうでしたか?

小6の受検前に、先生がいろいろな学校の過去問の中から千葉中の適性検査に出題されそうな問題をピックアップしてくれて、それをたくさん解いたことが楽しかったです。教科の中では、公立中高一貫校ならではの理系と文系の授業が特に好きでした。理系と文系は自分で考えて答える応用問題が中心ですが、僕は自分の意見を人に伝えるのが好きなので、合っていたのだと思います。それから、志望校の対策ゼミでは、同じ中学をめざしている友だちと一緒に勉強することで、自分がほかの人よりできていないところがはっきりして、その後の目標ができました。友だちの刺激を受けたことが、合格への大きな力になったと思っています。

公立中高一貫校の適性検査は作文や記述の問題が難しいですが、対策はできましたか?

僕は書くことは好きなんですが、基礎知識が少ないので、だらだらと長く文章を書いてしまったり、内容に幅がなかったりして、テストで得点できないことがありました。国語の授業で、知識を身につけるために熟語やことわざなどをきちんと勉強するようにしました。、
さらに模試でできなかった問題を先生に分析してもらったり、過去問をやって添削してもらったりしました。Z会の通信指導の作文も受講していたので、Z会の先生の添削もありました。両方からアドバイスをいただけたのがよかったです。

スランプはありましたか?

夏休みに毎日、過去問をやって、ちょっとがんばりすぎたせいか、夏休み明けに気持ちが切れてしまいました。そのとき先生から「落ち込んでいるみたいだけど、大丈夫?」と声をかけてもらい、相談したところ、「こういう問題をやってみたら?」と僕のやる気が出るような問題を紹介してくれて、モチベーションを取り戻すことができました。自分が前に解いた問題をもう一度見直すことで、いろいろな考えがあることに気付いたのも勉強する気持ちにつながりました。

後輩にアドバイスを送るとしたら?

先生にはどんどん質問して、悩みも相談するといいと思います。先生方は目標に向けてアドバイスしてくれるだけでなく、自分以上に熱くなって応援してくれます。僕はケアレスミスが多かったので、先生から「最後の1秒まで見直しをしなさい」とアドバイスしてもらい、本番でもその通りにして合格できました。それから自立学習室i-cotはできるだけ行くようにしましょう。自分のスペースがあって教材も広げられるし、誘惑もないので集中して勉強できます。

一覧に戻る