MENU

グループ指導と個別指導 どちらも学べる学習塾 栄光ゼミナール公式サイト

2007年のドア上ポスター(車内広告)

2007年12月

2007年12月

環境問題など時事的なテーマを親子で話してみませんか。なるべく子どもの意見を引き出し、自分のことばで表現させるようにしましょう。自分で考え主張する習慣は、すべての学力の基本です。

2007年11月

2007年11月

日本の生徒たちの読解力が大きく低下しています。読解力は国語だけでなく、数学などすべての教科の基礎。ふだんから本と親しみたいものです。

2007年09月

2007年09月

活字に親しむ子は、学ぶことにも積極的。大人の活字離れがすすむ今、家庭で読書の習慣を見直したいもの。

2007年07月

2007年07月

かつては日本の子どもたちが得意としていた理科数学。でも小中学生の得点は国際比較で下がるばかり。理数力は論理的思考の基礎。しっかり身につけたいもの。

2007年06月

2007年06月

中学生の数学調査。とても楽しいと思う生徒、日本9%。世界平均は29%。苦手になりがちな数学ですが、論理的思考を育むためには欠かせません。もっと数学に前向きに取り組む姿勢が必要です。

2007年05月

2007年05月

子どもの喜ぶ顔見たさに、甘い顔をしてしまう現代の大人たち。ケジメのある生活習慣を子どもに躾ける。そうした家庭に、学力も育ちます。

2007年04月

2007年04月

記述式の問題には、白紙で提出する例が少なくない日本の子どもたち。記憶重視ではなく、思考力や論理力が求められる記述式。子どもたちの学習指導に新たな取り組みが必要です。

2007年03月

2007年03月

家庭学習の時間は日本よりもずっと少ないのに、子どもの学力は世界一のフィンランド。その秘密は苦手克服の特別支援と、わからない子を出さない体制。自分で考える学習習慣を大切にしています。

2007年02月

2007年02月

いよいよ中学・高校受験。さあ、待っているのは合格の感激。栄光ゼミナールは受験生の目標校合格を強く応援しています。

2007年01月

2007年01月

子どもの一週間の家庭学習時間調査(OECD)。1位はイタリア12.8時間。平均は8.9時間。日本の子は6.5時間。家庭の学習時間は増えているとはいえ、国際レベルではかなり低い水準です。

過去のポスター