中学生のための高校受験の勉強法Q&A

 

中学生のための
高校受験の勉強法Q&A

高校受験に向けて、どう勉強したら良いかわからない、家庭学習も今のやり方で良いのかわからない、効率良く成績って上がらないのかな・・・そう感じている方はいらっしゃいませんか?今回は、高校入試を目指す中学生に向けて、おすすめの勉強法をQ&A形式でご紹介します。

Q1

自宅で勉強するには、どうすれば良いですか?

A

1日30分でも机に向かって。習慣化することが大切です。

これまでご家庭で勉強する習慣のなかった子が、いきなり何時間も机に向かうことは難しいでしょう。また、ある日突然学習習慣が身につくということもありません。まずは1日30分でも良いので、勉強するために机に向かうことを習慣にしてみましょう。

洗顔や歯みがきのように、毎日続けていれば机に向かうことがルーティン化されます。帰宅後、あるいは夕食後など、勉強時間を決めておくとよいでしょう。毎日机に向かうことに慣れてきたら、徐々に勉強時間を増やしていくようにしましょう。

Q2

勉強の仕方がわかりません...

A

毎日、その日の授業の復習を行いましょう。

最優先で学校の宿題や課題に取り組みましょう。これらの「提出物」を期限内に終わらせているかどうかで、内申点も大きく左右されます。それに加えて、ぜひ毎日の習慣にしてほしいのが授業の復習です。

その日に習ったことをもう一度なぞる(復習する)ことで確実に学力が身につき、成績向上につながるでしょう。どうしても時間がとれないときは、教科書やノートを見返すだけでもOKです。教科ごとの好き嫌いをなくすためにも苦手な教科や成績の悪い教科ほど復習を心がけ、高校受験の入試を見据えて早いうちに弱点を克服しておきましょう。

なお、同じレベルの生徒が集まる高校では授業のスピードが一段と速くなります。そのため事前に教科書を読んでおくなど予習も必要ですが、中学生のうちは復習に時間を割くことをおすすめします。

Q3

成績を上げるための勉強法は?

A

教科書の内容を着実に理解し、知識として蓄えましょう!

簡単に成績の上がる勉強法は存在しません。国語・数学・理科・社会・英語の主要5科目に限れば、いずれも教科書をよく読むことがもっとも大切です。ただ読むだけではなく、内容を覚えることを意識して読むようにしましょう。教科書の内容を覚えることがあらゆる学習の基本だからです。

英単語のスペルや歴史の年号を覚えることだけが暗記ではありません。自分の中に、きちんと内容を理解した知識を蓄えることが、成績を上げることや入試問題を解くことにつながっていくのです。2017年度の中学3年生は、新しい大学入試制度で大学受験に挑むことになります。新制度の入試は単純な暗記学習が役立つ問題ばかりではありませんが、たとえば解答を論述するにしても、さまざまな知識が身についていることが大前提です。教科書内容を着実に理解し、知識を蓄えることの大切さは今後も変わりません。

Q4

定期テストに向けた計画の立て方は?

A

2週間と2日前から準備を始めましょう。

中間・期末テストの準備は、「2週間と2日前」から始めるのが理想的です。なぜ、ちょうど2週間前ではないのか。それは、テスト勉強にも「準備期間」が必要だからです。

1日目は勉強部屋の掃除と机の周りの整理整頓に費やしてください。まんがやゲームを片づけて、勉強に集中できる環境作りを行うのです。2日目はスケジュールの作成にあてます。どの曜日に、どの教科を勉強するのか、きちんと計画を立て、その通りに進めていくことが大切です。前半の1週間は復習にあて、後半の1週間は問題集の演習にあてるなど、大まかにテーマを決めて取り組むと良いでしょう。

Q5

高校受験対策で効率の良い勉強方法はありますか?

A

毎日の受験勉強を、コツコツと積み重ねることです。

高校受験の勉強法とは、志望校を設定して、そこに向けて計画的に毎日の勉強を続けることです。毎日のコツコツを積み重ねることが近道であり、もっとも効率の良い勉強法なのです。

土日はもちろん、部活で疲れている日もテスト明けの日も、「ちょっとくらい休みたい...」のはやまやまですが、コツコツ受験勉強を続けることをおすすめします。たとえ模試(模擬試験)の結果が悪くとも必要以上に落ち込まず、理解できていなかった単元やケアレスミスをきちんと洗い出し、次につなげていくことが大切です。それを繰り返すことで、合格という目標に近づいていけるのです。保護者の皆さまは、模試やテストの結果だけを見て一喜一憂せずに、お子さまがどのようなことに取り組んでいるか、その「毎日のプロセス」を見守るようにしましょう。


保護者の皆さまへ

スマホ、テレビ、まんが、ゲーム...そんなお子さまの楽しみを、ついつい禁止してしまっていませんか?頭ごなしに言ってしまうと、勉強の「やらされ感」にもつながり、生徒本人の自立の妨げとなってしまいます。

親子で冷静に話し合い、テレビの時間を制限する、試験期間中は勉強部屋にスマホを持ち込まない、といったお互いに納得できるルールを作ってみてはいかがでしょうか。お子さんも、将来の目標と、そのためには今何をすべきか把握していれば、「今ががんばりどきだ!」と理解してくれそうですね。

塾にできること

「どうしても自宅では学習に身が入らない...」「ひとりで勉強しても集中できず成績が上がらない...」「模試や入試対策の勉強法がわからない...」。そんな悩みを抱える皆さまには塾通いをおすすめします。塾には、同じ高校受験に挑み、合格を目指す仲間が集まります。中学校のクラスとは違うメンバーと一緒に学ぶことで、お子さんの勉強意欲も高まるでしょう。また、塾生なら誰でも自由に使える自習室(i-cot)を完備していますので、誘惑に負けずに集中して学習に取り組めます。わからないことがあれば、すぐに先生に質問できるので、「家より集中できる!」と生徒たちにも人気です。
受験勉強の悩み・お子さまの弱点克服に向けて、栄光ゼミナールの講師ならプロの視点で手厚くサポートいたします。「家では全然勉強してくれない...」「私が言っても喧嘩になるだけ...」「中学生の数学なんてもう教えられない...」とお困りの保護者の皆さま、そんなときは栄光ゼミナールの高校受験対策指導にお任せください!


グループ指導

グループ指導(1ヶ月)
受講料 無料
教材費 864円~7,236円(税込/1教科あたり)

※ご希望の教科を全て体験できます。

個別指導

個別指導 1講座(80分×4回)
受講料 4,320円(税込)

※ 教師1人に生徒2人の個別指導を2講座まで体験できます。
※ 別途教材費等が必要となります。

 

2017/07/20 | 

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE