知っておきたい内申書のすべて~内申点と成績の関係~

 
中学生のための高校受験基礎知識 中学生のための高校受験基礎知識
保護者の方へ

中学生がいだく高校受験の疑問を、わかりやすく解説します。
保護者の方は、ぜひお子さまに共有していただき、
ご一緒にお読みください!

先生

内申書や内申点という言葉、
聞いたことがあるかな?

内申点は学校の成績のことですよね。
高校受験で必要になる...

男子生徒02
先生

そう、そのとおり。内申書(調査書)は
通っている中学校の成績が記載された書類で
高校入試で合格・不合格を決める
重要な判定資料の1つになる。

でも、まだ僕は中2だから、
中3になってから
頑張ればいいかなって...

男子生徒01
先生

あまい!
都道府県によっては3年間の成績が
記載される場合もあるんだ!
実際に神奈川県は中2と中3、埼玉県は中1~中3の
内申点が入試に関係してくるよ。

知らなかった!ちなみに内申書って
9教科の成績のほかにどんなことが
載ってるんですか?

女子生徒01
先生

成績以外にも部活動などの課外活動を含めて、
どんな中学校生活を送ってきたかが記載される。

生徒会や行事で活躍すれば、
それもちゃんと書かれるよ。
名前は知っているけれど、実際どんなものかを
知っている人は少ない内申書。
今回は内申書にはどんな内容が書かれているのかを
詳しく見ていこう。

知っておきたい内申書のすべて

今回のテーマは、内申書と内申点。
内申書の記載事項や高校入試での活用のしかたは
都道府県によって違っている。
君の普段の学校生活が高校進学にどうつながっているのか、
しっかり理解しておこう。

通知表と内申書(調査書)の関係

そもそも内申書ってなんだろう?という人も多いと思う。
まずは用語をまとめてみたので1つひとつ確認していこう。

通知表

学期ごと学業成績等が記載された書類。通信簿、成績表ともいう。教科別の評定、観点別評価のほかに、担任の先生が文章で記載する「所見欄」などもある。各学年の最後(三学期または後期)の通知表の内容は、一年間を通した評価となる。

内申書(調査書)

受験生1人ひとりの中学の成績や学校生活をまとめたもの。中学校の先生が作成して、受験する高校に提出する。合否判定の資料の1つとして使われる。

内申点(調査書点・調査書素点)

内申書(調査書)に記載される成績。各学年5段階の評定×9教科の45点満点の数値を指す。調査書点、調査書素点ともいう。

評定

各教科の5段階評価のこと。

先生

内申書に記載される事項で中心となるのは、なんといっても評定と呼ばれる教科ごとの成績だ。学期ごとにつけられる成績は内申書にどうまとめられるのかみてみよう。
3学期制でも2期制でも、年度末の3月に受け取る成績表がその学年の成績として内申書に書き込まれることになる。ただし、受験学年である中3は学年末の成績では入試に間に合わないので、間に合うところまでの成績が入試用に確定されて内申書に記載される。3学期制の場合だと2学期の成績、2期制の場合だと後期の中間テストまでで入試用の成績がつくことになる。

内申書に記載される成績

3学期制の場合
1年生 1学期 2学期 3学期(年度末)
2年生 1学期 2学期 3学期(年度末)
3年生 1学期 2学期 3学期(年度末)
2学期制の場合
1年生 前期   後期(年度末)
2年生 前期   後期(年度末)
3年生 前期 後期(中間まで) 後期(年度末)

ただし、どの学年の成績を載せるかは、都道府県によって異なる。たとえば首都圏の場合は次のとおりだ。

1都3県の内申記載学年

東京都 神奈川県 千葉県 埼玉県
中3 中2・中3 中1・中2・中3 中1・中2・中3
東京都 中3
神奈川県 中2・中3
千葉県 中1・中2・中3
埼玉県 中1・中2・中3
注意

ここまで読んで、内申書に記載される中1・中2の3学期や、中3の2学期だけ勉強すればいいんだと思った人がいたら、それは間違い!学年末の成績はその学年全体の評価だから、その時だけがんばっても上がらないよ。1学期(前期)から地道にやっていくことが大切だ。

内申書(調査書)に記載される内容

内申書は、キミの中学校生活を1枚の紙に数字や言葉でまとめて表したものだ。では、何が書かれているのだろうか。

調査書

千葉県の内申書(調査書)の見本を参考に、各都県の記載内容を確認しよう。
内申書(調査書)には主に次のような欄がある。

①名前等の基本情報

②各教科の学習の記録

ここには、評定(=各教科の5段階評価)が記載される。
東京都と神奈川県の場合、観点別評価も併せて記載される。観点別評価は、各教科について「関心・意欲・態度」「思考・判断」「技能・表現」「知識・理解」という観点からキミの達成度をABCの3段階で評価するものだ。

③学習の時間の記録

欠席日数と欠席理由が記載される。神奈川県の調査書には欄がないが、総合所見欄でそういう点も評価される可能性があるから油断してはいけない。やむを得ない理由のない欠席や遅刻は避けよう。私立高校の推薦入試では欠席日数が多いと出願できないこともあるんだ。

④総合所見・行動の記録・特別活動等の記録

内容は主に3つある。

学級・生徒会・学校行事・部活動等について

所属や役職、活動内容などが記載される。

行動の記録

中学校生活の様子が書き込まれる。千葉県の場合「行動の記録」欄は〇か/の記号による2段階評価となる(空欄はなし)。東京都・神奈川県・埼玉県の場合は記号ではなく、短い文章で書きこまれる。

総合所見

中学校生活全体について、先生の言葉で本人を評価する欄だ。

以上、見てきたように、内申書でいちばん大切なのは成績だけれど、それ以外の課外活動や普段の学校生活もしっかりと記載されることは押さえておこう。

部活動や生徒会活動の考え方

内申書のもう一つのポイント、部活動や生徒会活動についてはどう考えればいいのだろうか。

部活動や生徒会活動、ボランティアなどの記載事項の扱いは自治体によってかなり違う。例えば神奈川県では評定でわかる学力以外のことは面接や特色検査で確認する方針のため、公立高校入試にはほとんど関係がない。一方、千葉県や埼玉県では、特別活動の記録などを点数化したり、あるいは参考としたりする形で合否判定資料の一部として使われる。ただし、その場合でも、学力検査や内申点などメインの合否判定資料に比べればとても小さな扱いである。 だから、スポーツや文化活動そのものの評価で進学をめざす人以外は、あくまで自分のやりたいことや興味の方向に沿って活動し、その結果が自然に評価されれば幸運だと考える方がいいだろう。 逆に、欠席日数が多い場合は検討対象になったりするので、そういうマイナスをなるべく作らないことは大切だと言える。

内申書は
高校入試にどう使われるか

内申書は高校入試の出願書類の1つとして、重要な合否判定資料となる。
どのように使われるかを確認してみよう!

内申書(調査書)

内申書に記載されている各学年の5段階9教科の評定合計(各45点満点)を素点という。

各都県のルールで評定を換算

内申書は各都道府県の考え方によって、素点を合否判定用に換算する。その結果出た数値を換算内申点という。各高校が換算方法を決定する自治体もある。東京・神奈川・千葉・埼玉は以下のリンク先で換算方法を確認しよう。

合否判定に活用

当日の学力検査・面接等と内申点を一定の比率で合否判定に用いる。比率は高校別に異なる場合もある。

その他記載事項の扱い

特別活動やボランティア活動は、役職の経験や目立つ成果を中心に、参考とされる場合もある。

この部分は自治体によって方法がさまざまなので、自分が住んでいるところのやり方を確認しよう。

換算内申点について

受験の時はよく「換算内申」という言葉も使われる。調査書素点をもとに、[各都道府県が定めた内申点の点数化の方法に従って計算された結果の数値]のことを言うので覚えておこう!

内申点を上げるには

最初に見たように、内申書は学期ごと、学年ごとの成績の積み重ねを1枚の書類にまとめたものだ。だから、学期ごとの成績を上げることが内申点のアップにつながるよ。では、成績を上げるにはどうしたらいいのだろうか。


  • 定期テストの
    点数

  • 課題の
    提出状況

  • 授業態度・
    学習態度

各教科の成績は、この3つの要素で決まる。①の定期テストでよい成績を収めることが成績アップの最大の条件だ。当然、ここがいちばん大事なのだが、②③を侮ってはいけない。中間や期末テストで高得点を取っていても、提出物や授業態度の評価が良くないと、成績を下げられてしまうことがある。せっかく頑張って勉強しても、これでは底の抜けたバケツで水を汲むようなものだ。 各教科の宿題やレポート、作品などの課題は、必ず提出期限内に、きちんとしたものを出すようにしよう。この基本を守れば②は大丈夫。③で大事なのは、授業をちゃんと聞く、授業に参加することだ。教室で先生の話をしっかり聞いて授業に取り組んでいれば、悪く評価されることはあり得ない。 また、実技教科は上手下手よりもまじめに取り組むことが大切だ。一生懸命取り組む姿を評価してくれるよ!

やっぱり1番大切なのは定期テストで高得点をとること!

では、定期テストで高得点を取るにはどうすればいいのだろうか?
テスト前にしっかり勉強時間を確保して、納得のいく準備をすることだ。遅くとも2週間前から計画的に勉強するようにしよう。
テスト勉強の進め方に迷いがある人は、栄光ゼミナールの「定期テスト対策会」に参加してみよう。

各中学校の定期テスト範囲を把握している先生が、勉強するうえでの重要ポイントをしっかりと押さえてくれるし、テスト範囲内のわからないところや不安なところを完全に理解するまで教えてくれるから、先輩たちからも好評だよ。

他にも、栄光ゼミナールに入塾すると学習システムCATS@Homeで自分専用の「定期テスト対策プリント」を作ることができるようになる!また、各学校の教科書に対応した副教材「ワーク」では、テスト範囲の問題を解くだけで定期テスト対策ができるんだ。

※「定期テスト対策会」は各教室によりスケジュールが異なります。詳しくはお近くの教室へお問い合わせください。

栄光ゼミナールの定期テスト対策はこちら

内申書対策は
栄光ゼミナールにお任せください。

公立高校入試は、当日の学力検査と内申書(調査書)の内容によって合否が決まります。学力検査と内申点(調査書点)の比率は都道府県によって異なりますが、近年は上位校になるほど学力検査を重視する傾向があり、学期ごとに好成績を確保しつつ、5教科の実力をしっかりと磨いていくことが志望校合格につながります。 栄光ゼミナールの高校受験指導では少人数の利点を生かし、生徒1人ひとりの学力状況や目標に合わせたきめ細かい指導により、最も重要な学力検査で当日に高得点をマークする力を着実に育んでいきます。それと並行して、定期テストごとの丁寧な学習管理やテスト対策などによって、内申書につながる学習成績を向上させていきます。 塾生と先生の距離が近く、のびのびと勉強できる栄光ゼミナールで、自分のトップ校をめざしてみませんか。

\ 栄光ゼミナールの指導を体験してみよう /

ご希望の教科をいくつでも体験できます。

グループ指導

グループ指導

受講料

1ヶ月無料

※1教科あたり 1,200円~6,700円(税込1,296円~7,236円)の教材費がかかります。

教師1人に生徒2人の個別指導を2講座まで体験できます。

個別指導

個別指導

受講料

4,320円(税込)

(1講座80分×4回)
※別途教材費等が必要となります。

お申し込みはこちら

中学生のみなさんは
保護者の方に申し込んでもらおう !

中学生のみなさんは保護者の方に申し込んでもらおう !

 

2017/06/27 | 

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE