エクタス横浜校

開催コース一覧

講師のご紹介

高原 篤史

高原 篤史 (タカハラ アツシ) 教室責任者

●担当教科:社会  ●指導歴:21年

『単なる社会科ではなく、社会科学の扉を開こう』

小学校で学習する社会科は地理・歴史・公民、どれも覚える内容が多く、無機質な勉強になりがちです。しかし、筑駒・御三家をはじめとする最難関中の入試問題は、単純な知識量だけで勝負するようなものではなく、過去・現在そして将来の人間の生活について深く思考を重ねてゆく「社会科学の扉」と言えます。私の授業で、常に社会科に対する興味や関心を維持し、楽しみながら知識と思考力を身につけてください。この「思考を楽しむ力」こそが、最難関中を突破する力です。そしてそれはきっと、「君たちの未来の扉を開く力」にもなるのです。

田子 武志

田子 武志 (タゴ タケシ)

●担当教科:国語・英語  ●指導歴:26年

『「読む力」・「考える力」・「書く力」一生の財産となる国語力を身につけよう』

国語力は単に一受験科目として求められるものではなく、 全学習科目の基礎となり、ひいては一生涯生き続ける技能です。 私たちはこの技能を、最難関中学合格を目指す全ての受験生に修得してもらいたいと願い、まず、読解問題と記述トレーニングをリンクさせることによって生徒が長時間集中して取り組めるように工夫したオリジナル記述教材を用意しました。そして、授業も講義形式の集団授業ではなく、生徒が主体的に課題に取り組み、適宜講師 の助言を得ながら、要約文や答案を着実に完成させていく、エクタス独自の半個別ワークショップ方式を採用しています。これら により、読解・思考・表現という生徒の全人格的作業をサポートします。是非エクタスの授業で国語を得意科目にしてください。

松井 猛已

宮下 貢 (ミヤシタ ミツグ)

●担当教科:算数  ●指導歴:37年

『【直線的な数学】と対峙する【面の広がりの算数】』

数学が、方程式で直線的に解きすすめていくのに対して、(中学入試)算数は、面の広がりでとらえることで、数学よりも早く、エレガントに解くことができる学問です。もちろん、それを効果的にするためには、基礎体力が必要です。「基本問題は解けるけれど応用になると…」という方は、実は基礎体力がついていないことが多く見られます。エクタスでは、その両方を鍛えていくことで、高いハードルを越える真の学力をつけていくことを、ねらいにしています。

 

松井 猛已

櫻井 頼朋 (サクライ ヨリトモ)

●担当教科:算数  ●指導歴:35年

『明るく!元気に!前向きに!』

「先生!ちがう解き方でやったよ!」「このやり方でいいの?」等々小学生の発想の豊かさにはいつも感心させられます。また逆に、「こういう解き方もあるよ!」と違う視点からの解法を紹介すると「なるほど、そうか!」「これいいねー、おもしろい!」と素直に反応してくれます。この子どもたちとの発想のキャッチボールの瞬間が授業において相乗効果を生みます。私の授業は一方的な解説授業ではなく、子どもたちの力を引き出すような工夫を心がけて展開しています。特にある程度レベルの高い刺激し合う集団であればなおのこと効果があります。エクタスではまさにそういった質の高いエネルギッシュな授業を展開することができます。エクタスの扉を叩いていただき、結果的に難関中学が求めている柔軟な算数的思考力を身につける環境を整えていきましょう。

 

高山 幹生

太田 宏平 (オオタ コウヘイ)

●担当教科:算数  ●指導歴:15年

『考える過程への指導を行ないます』

算数は唯一、考えるだけで全てが成立する教科です。そして、純粋に考えるということに関しては、大人と子どもの間に優劣はありません。中学受験は12才の子どもたちが競い合う厳しい世界ですが、そこで扱われているのはあくまでも学問であるという原点に立てば、多くの楽しさを見つけることができます。

授業にあたっては、エクタスが少人数制であることと、算数(数学・論理学)においては思考過程が紙の上に残されるということを活かして、生徒一人一人の答案に対する指導を重視しています。
相馬 英明

川島 良久(カワシマ ヨシヒサ)

●担当教科:理科  ●指導歴:26年

『新しい世界をみつける理科』

理科を学ぶと世界が違って見えてきます。いつもと同じ風景のはずなのに、その裏側にある物事の成り立ちが見えてくることで、次々と新しい世界が広がっていきます。それが理科の学習の魅力です。受験勉強を通してもその楽しみは得られます。むしろ普通の勉強よりもわくわくする問題がたくさんあります。中学受験の理科にはそんな魅力がたくさん詰まっているのです。さあ、一緒にその秘密を解き明かしていきましょう。

 

田子 武志

富山 寛之(トミヤマ ヒロユキ)

●担当教科:算数・国語  ●指導歴:16年

『最難関校入試を戦うための「読み」の精度を、ひたすらに高める』

最難関校入試の舞台で戦うためには、具体的な問題パターンに応じたテクニックの習得のみならず、さまざまな水準における「読み」が重要になります。問題文から確実に読み取れる事柄をひきだすための「読み」、精密かつ複雑な問題設定を的確に読み崩すための「読み」、ここから先の展開を大胆かつ正確に予測するための「読み」。これらの「読み」の精度を高め続ける事こそが、最難関校の入試問題を楽しむための、そして合格をつかみ取るための絶対条件なのです。 エクタスの授業では、お子様それぞれの反応を大切にし、対話をおこなうことに重きをおきます。ひとりひとりが自分自身の能力の成長を信じ、より深く考えることをあきらめない環境を提供します。個々の「読み」の微妙なズレを修正するために、適切なアドバイスを投げかけ続けます。さあ、エクタスの授業に参加し、「読み」の精度を高めるための学習をはじめてみませんか。

 

教室のご紹介

TEL
045-440-0950
住所
横浜市神奈川区金港町7-15 TKビル1F
最寄駅
●JR東海道本線・京浜東北線・根岸線・横須賀線/横浜駅 きた東口Aより徒歩約5分
●京浜急行線・東急東横線・みなとみらい線・相模鉄道・横浜市営地下鉄ブルーライン/横浜駅 きた東口Aより徒歩約5分
教室までの順路
横浜駅の「きた東口A」から左側(横浜ベイクォーター方面)に出て線路沿いに進み、「MMC三本コーヒー本社ビル」を右に曲がった左手のビル1Fがエクタス横浜校です。
印刷用はこちら
COPYRIGHT© 1998- EIKOH INC.ALL RIGHTS RESERVED.