エクタス
最難関中学への最短ルート エクタス
最新記事
2016.10.24(Mon)
「精緻化」による問題
(吉祥寺校:太田)
2016.10.24(Mon)
入試まであと100日 間違えやすい社会科の漢字100題チェック
(横浜校:高原)
2016.10.20(Thu)
社会科よもやま話 その7 御三家入試問題より
(自由が丘校:田島)
2016.10.18(Tue)
咲かない花とは?
(池袋校:川島)
2016.10.18(Tue)
受験生のみなさん・保護者のみなさんへ
(池袋校:白田)
2016.10.18(Tue)
動物の骨格について
(たまプラーザ校:深川)
2016.10.18(Tue)
速さのいじわる問題です。
(池袋校:滝澤)
2016.10.15(Sat)
季節感
(吉祥寺校:小島)
2016.10.13(Thu)
「神無月(かんなづき)」~今が旬(しゅん)の食べ物~
(ジュニア担当)
2016.10.13(Thu)
「神無月()」~今が旬の食べ物~
(エクタス事務局)
エクタス教室のご案内
体験学習
池袋校 吉祥寺校 大宮校 自由が丘校 横浜校 たまプラーザ校
2014 開成中入試 国語 講評

2014.02.04(Tue)

●エクタス事務局    ●カテゴリー:

ここ2年間は、長文大問1題と漢字数題の出題形式でしたが、本年の大問構成は、物語文1題・詩1題・仮名の書き順を問うもの1題 でした。記述の解答欄は、マス目のない1~2行枠が定着しています。要求された内容の本質を、過不足なく端的に表現できることが、合格のための必須要件といえます。

大問1

日高敏隆『"祟り"という思想』より

人間にとって都合の悪い存在を退治し、支配しようとする近視眼的な願望・行動は、当初とは思いもよらぬ悪い結果を招くことがあるので、自然に対する伝統的な畏敬の念を取り戻すべきである。

筆者自身の体験を中心に構成された説明的随筆文です。主張は、複雑なものではありません。丁寧に要点・要旨を追跡し、求められたことがらに正確にこたえれば、合格できます。ただし、その精度を、開成受験者の水準の中で、限りなく高めなければなりません。そこに、本校突破の壁があるといえるでしょう。

●問題構成~難易度:A基本 B標準 C発展 D

問一 漢字の読み・書き(戸=こ、無関心、存在、除) 難易度:A

問二 筆者の行動を自分で「余計なこと」と表現する理由の記述 難易度:B

問三 自然環境保護を促す「こういう形」と「そういう言い方」の違いの記述 難易度:C

問四 蚊の退治に伴う問題点の記述 難易度:B

問五 自然に対する接し方をどのように考え直すべきかの記述 難易度:D

   A基本 B標準 ... 漢字と、文脈の追跡だけで解決できる問題は、8割以上の正答を

   C発展 ... 一歩踏み込んだ読解が必要な問題は、6割方の得点を

   D難 ... 要旨・主題に関わる問題は、4割方の得点を

これで、必ず合格できます。解答の細部については、先にアップされたものを参照ください。

大問2

まど・みちお『しんじゅのぎょうれつ』()より

孫のおならが、あたかも"しんじゅのぎょうれつ"のように感じられる。普通なら、マナー違反として忌み嫌われるはずのことも、孫への愛情故に美化してしまう祖父の気持ち。

擬人表現の底流にある、祖父の限りない孫への愛情を読み取れるか否かが、勝負を分けます。

●問題構成~難易度:A基本 B標準 C発展 D

問一 おならが「きょうしゅく」するという表現のおもしろさの記述 難易度:C

※ 「擬人法」の主旨を記述ができることが、合格最低ラインですね。「普段は忌み嫌われているので、いざ、ほめられると恐縮してしまう」と、心情の内実に踏み込んで書けば、差をつけることができます。

問二 「しんじゅのぎょうれつ」にこめられた「じいちゃん」の気持ちの記述 難易度:C

※ "おならの美化→孫自身を大切に思う気持ち"と、連想できることが、合格最低ラインだといえます。

大問3

「や」「ら」「ヲ」の書き順。実際、ここで若干の失敗をしても、多くの場合、合否の大勢に影響しないともいえます。しかし、正答であるにこしたことはありません。次年度以降の受験生のみなさんにおかれては、普段、週間学習として行っている漢字・知識単元を、これまで以上に丁寧にやりこむ意識を持ってください。

記事カテゴリー
エクタス教室ニュース

エクタス各教室の最新情報やイベントなど生の情報をお届けします。

きみは解けるか?エクタス厳選例題

エクタス講師陣が厳選してピックアップした過去問例題です。

有名・最難関 中学校紹介

最難関中学校をエクタスならではの視点でご紹介します。

知って得するまめ知識

好奇心をくすぐる豆知識をご紹介。
脳を活性化させましょう。